« 天童に行ってきました(1) | トップページ | 遊戯史学会の例会 »

2006年4月25日 (火)

天童に行ってきました(2)

4月23日、天童2日目。
この日は野月七段と村山四段の人間将棋の対局があるのですが、今日はいいかなということで、天童の街を散策してみました。
(これが橋本六段と瀬川四段の対局だったら、絶対に見に行っていたと思うのですが (笑) )

天童の街も広そうなので、駅前にあるバスターミナルに行って、路線と時刻の確認。
……。
天童市営バスは日曜日は全便運休でした。orz
あと、山形交通バスがあるのだけれど、これは比較的遠いところまで行っているようで、乗ってしまうとどこまで連れて行かれるかわかったものじゃないし。

Sn340075 駅にある観光地図を見てみたところ、駅から1キロくらいの距離にいろいろな施設があるので、歩いて行ってみることにしました。
オレンジの1~5の通りに行くと、将棋に関係するところを回れるようになっています。


Sn340076 まずは3の天童民芸館まで行ってみるか、と思ったのですが、どこかで道を間違えたらしく、通り過ぎてしまっていました。
その途中の電信柱にも詰将棋が! おもしろかったので写真を撮りましたが、まだ解いていません。結局パソコンに解かせてしまいました。


Sn340079 Sn340082 ポストにも、案内板にも将棋の駒がついていて、何でも将棋をつけておけばいいのかと小一時間問い詰めたくなりましたが、徳島では何でも阿波踊りにしてしまってますから、どこも同じなんですね (笑) 。


Sn340085 で、行き過ぎたあげく、たどり着いたのが4の「将棋の館」。中では将棋の駒を中心とした土産物の販売などをやっています。また、中将棋や泰将棋などの紹介もありました。店の片隅では超大型の将棋盤と駒があって、指せるようになっていましたが、残念なことに対局相手がいませんでした。

中では駒作りの実演をしていたのですが、左馬の飾り駒に漆を入れているところで、残念ながら実際の駒を作っているところはお目にかかれませんでした (店の中は撮影禁止でしたので、写真は残っていません) 。事前に予約すれば、有料で駒作りの体験ができたようですが、当然予約なんかしていませんし……。


Sn340103 店で見つけたおみやげで、懐かしさのあまりつい買ってしまったのが、この将棋パズル。子供の頃、実家にあったのを覚えています。いわゆる「箱入り娘」というパズルなのですが、天童だけに将棋バージョンになっています。娘の代わりに「王将」を下の口から出せばよいというわけです。

そのあと、天童オルゴール博物館へ。ここは直接将棋と関係ないのですが、ちょっと気になったので。でも入館料が1000円と少し値が張ったので、入らずに出てきました。


オルゴール館の隣に「わくわくランド」があります。ここは単なる広場で、とくに何があるというわけでもないのですが、なぜかプロ棋士が考えた詰将棋のプレートが置いてあります。

Sn340086 5手詰めなら自分でも解けそう、というわけで、頭をひねってみました。
▲3一角△同玉▲1三馬△同桂▲2一金まで、ということですね。4手目△2二金なら▲4二金でOK。


Sn340087こっちは……。私の頭じゃぜったい無理 (7手でも怪しいのに、23手なんて) 。というわけで、いつものごとく、パソコンに頼りました。


あとは将棋橋を見て帰ろうと思ったのですが、どうも道を間違えたらしく (こればっかり) 、かなり山のほうに来てしまいました。途中で道を教えてくださった小学校の用務員の方でしょうか、ありがとうございました。

倉津川 (将棋橋がかかっている川) をかなりさかのぼっており、国道13号を超えてしまっていたのですが、そこで驚くべきものを見つけてしまいました。

Sn340089 車がすれ違えるかどうかという小さな橋なのですが、その欄干に書かれた橋の名前は、

「角行橋」。

地図に載っていない将棋橋がありました。


Sn340096 川を下る感じで川沿いの道を歩き、地図に出ている将棋橋までたどり着きました。普通の行き方とは逆にたどったのですが、上流から龍王橋、飛車橋、桂馬橋、金将橋、歩橋、銀将橋、王将橋、おまけで一ツ橋と旭橋。地図に出ている将棋橋は、欄干に駒形のシンボルが立っており、たいそう立派なものでした。

角行橋はあったのですが、香車橋が見つかりませんでした。情報をお待ちします (嘘) 。


あとは駅まで戻って新幹線の予約を取り、昨日とは別のそば屋で少し早めの昼食を取って天童を後にしました。

山形までは鈍行で行ったのですが (鈍行にも乗りたかったし) 、こぎれいな車両になっており風情はあまりなくなっていました。駅に着いてもボタンを押さないとドアが開かなかったり、無人駅だと前後のドアしか開かないようになっているのには驚きでしたが。

山形駅の手前では、山形城の桜が満開になっていて、非常に綺麗でした。列車もゆっくり通ってくれたのですが、不幸にも反対側のシートに座っていたので、写真は撮れず……。

Sn340102 山形からは「つばさ116号」で、一路東京へ。2日間にわたった天童将棋旅行も、これで終わりとなりました。途中、かみのやま温泉駅のホームに、どこかで見たようなかかしがいたので、シャッターを切ってみました。青木さやか、ヒロシ、波田陽区、ですよね……。


電柱の詰将棋……▲2二角成△同銀▲2一龍△同玉▲3一角成△同銀▲3二銀△同銀▲2二金まで。
わくわくランドの23手詰め……▲3二龍△同玉▲4一角△同玉▲5二銀△3一玉▲3二金△同玉▲4三銀不成△同玉▲6一角△3二玉▲2四桂△同歩▲2三金△同玉▲3五桂△3二玉▲4三角成△2二玉▲2三銀△3一玉▲3二銀成まで。

|

« 天童に行ってきました(1) | トップページ | 遊戯史学会の例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/1548678

この記事へのトラックバック一覧です: 天童に行ってきました(2):

» 詰め将棋 [詰め将棋]
パズルを解くような詰め将棋。最後の詰めをシュミレーションできる。http://cashing-card.net/tume/ [続きを読む]

受信: 2006年5月28日 (日) 21時26分

« 天童に行ってきました(1) | トップページ | 遊戯史学会の例会 »