« ゼミの配付資料 | トップページ | 天童に行ってきました(1) »

2006年4月18日 (火)

アイデアプロセッサ

基本的に面倒くさがりなので、頭の中で構想を練って、いきなりワープロに書き始めるスタイルを取っていたのですが、やはり限界がありそうなので、メモを取るツールを探してみました。
アイデアを短い文章で表現し、いくつもの文章が有機的に結合するようなツールがあればいいと思っていたのですが、ベクターで探してみたところ、「Nami2000」というフリーウェアがありました。
(これを見つける直前まで、「IdeaTree32」を紹介しようと思ったのですが、こちらはシェアウェアなんです……)

まだ使い始めですが、そこそこの長さのテキストが書けて、テキストの断片をつなぎ合わせて1つのファイルとするので、自分のメモの取り方に合っていそうです。
ある程度の長さ (放送大学だと2万字) の論文を書こうと思ったら、頭の中だけではやっぱり無理がありますよね。皆さんはメモを取るのにどうやっているのでしょうか。

|

« ゼミの配付資料 | トップページ | 天童に行ってきました(1) »

コメント

Nami2000には、ほとんどソースを拝借したようなやつでKieというのもあるよ。NamiFileがそのまま読み込める。
メモをつぎはぎしながら仕上げるのなら、紙2000だな。これは動作性がすごくいい。有料版もお勧め。

アイディアを組み立てるのなら、FreeMindでしょう。英語サイトからのダウンロードだけど、インターフェースを日本語に設定可能。Javaがインストールされていないと使えないという条件つき。

投稿: mishika | 2006年4月20日 (木) 13時40分

ありがとうございます。知らないソフトが結構あるものです。
「紙2000」は、3つくらいバージョンがあがった「ネタの種」を持っています。これはもっぱらウェブサイトのスクラップ用ですが。
「FreeMind」のスクリーンショットを見てみましたが、「アイデアマスター」に近いような感じでしょうか。
と、自社製品の宣伝もかねて (笑) お返事いたしました。

投稿: Tamago915 | 2006年4月20日 (木) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/1460819

この記事へのトラックバック一覧です: アイデアプロセッサ:

« ゼミの配付資料 | トップページ | 天童に行ってきました(1) »