« mixi で紹介されました | トップページ | ゼミの配付資料 »

2006年4月14日 (金)

名人戦の主催者問題

卒業研究から少し離れて、いま世間を騒がせている名人戦の主催問題について。
現在の名人戦は毎日新聞の主催ですが、2007年の順位戦、2008年の名人戦から、朝日新聞が主催することになると報道されています。
歴史的には、1937年に東京日日新聞 (現在の毎日新聞) の主催で始まり、1950年からは朝日新聞、1977年からは再び毎日新聞と、朝日と毎日の間で取り合いをしている状況です。朝日はタイトル戦を主催せず (準タイトルの朝日オープンを持っています) 、名人戦を主催することは長年の悲願だったということもあります。

どうなるかはわかりませんし、どうあるべきかもわかりません。
インターネットにあがっているファンの意見をみても、人それぞれですし、「朝日=悪」と決めてかかっている意見もあったりして眉唾物だったりします。
最悪の事態を想定すると、毎日新聞系列の日刊スポーツが王将戦を降りて、朝日オープンが終了して棋戦が2つ減ること。こうなると名人戦の契約金が上がってもどうしようもないように思います。
朝日が名人戦にこだわらず、名人戦以上のタイトルを創設して、名人・竜王と並ぶ3大タイトルの形になればいいのかなあ。あと、全局ネット中継くらいの気合いの入った公式戦がもう1つ2つ増えればベストなのですが。

|

« mixi で紹介されました | トップページ | ゼミの配付資料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/1404902

この記事へのトラックバック一覧です: 名人戦の主催者問題:

« mixi で紹介されました | トップページ | ゼミの配付資料 »