« 沖縄の遊戯史 | トップページ | 放大図書館から資料が来ました »

2006年6月17日 (土)

徳島学習センターの図書館

前回までのあらすじ。
ゼミで将棋の伝来で沖縄が関わっている可能性を指摘され、沖縄の遊戯史についての論文が『遊戯史研究』17号にある (「琉球列島における中近世の盤上遊具について」) のを見つけ、その参考文献から2冊の書籍を確認しておきたいと考えました。

  1. 琉球・東アジアの人と文化 : 高宮廣衞先生古希記念論集 (NACSISの情報)
  2. グスク文化を考える (AMAZONのサイト)

まずは徳島県立図書館の蔵書をチェックしたのですが、どちらもありませんでした。とくに1は、市販されていないようですし (ISBNがついていない) 、置いてある大学まで直接借りに行くのも手続きが面倒そうで、どうしようかと考えていたのですが。

放送大学の附属図書館に、各学習センターからの利用方法があり、他大学の書籍を複写するサービスも行っているということで、1のほうはこれを利用させてもらうことにしました。2は放送大学の図書館にも置いてあるのを確認したので、両方とも見ることはできそうです。

ということで、徳島学習センターに行ってきました。
こういう手続きはこちらも初めてですし、センターの担当の人も経験がないでしょうから、多少もたつくのは承知のうち。思っていたよりはスムーズに手続きが済みました。
書籍の複写については、複写料と送料がこちらの負担になるということですが、まあこの程度はやむをえないですね。

|

« 沖縄の遊戯史 | トップページ | 放大図書館から資料が来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/2263950

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島学習センターの図書館:

« 沖縄の遊戯史 | トップページ | 放大図書館から資料が来ました »