« 年賀状 | トップページ | 面接審査 »

2007年1月13日 (土)

今後のこと

明日、卒業論文の面接審査があります。
準備はとくに必要なく、「書いた論文に目を通しておくように」くらいでしたので、あまり気負わずに行こうと思います。
久しぶりの大阪 (市内) なので、どこかに買い物とかも行きたかったりしますが (笑) 。

今後の方針ですが、研究を続けるのであれば、増川先生に頂いたアドバイスを参考にすることになるかと思います。
15~16世紀を中心に、鎌倉・室町時代の日記文学などから将棋に関する記述を見つけ、そこから論を組み立てていけばどうかと書かれていました。具体的には、「実隆公記」「言継卿記」「山科家礼記」があげられており、その他の資料として『増補史料大成』『史料纂集』から探すようにありました。

方針はわかるものの、大変な作業であるように思います。
これらの日記文学に、将棋の記述がどれだけあるのかわかりません。大量の砂をすくってひとつまみの金を見つける、砂金取りのイメージですね。また、点在する将棋の記述を歴史の中でつなげるのには、自分の日本史の知識は乏しすぎるかもしれません (高校・大学で日本史をやっていないので) 。
見通しが立たないだけにどうなるのかわかりませんが、気が向いた範囲でやっていこうかなと思います。

|

« 年賀状 | トップページ | 面接審査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/4908272

この記事へのトラックバック一覧です: 今後のこと:

« 年賀状 | トップページ | 面接審査 »