« 遊戯史学会・2007年夏の総会 | トップページ | 放送大学大学院の募集要項 »

2007年6月 9日 (土)

人物叢書「三条西実隆」

「実隆公記」の調査中ですが、日記そのものに当たるのが王道ではあるものの、作者である実隆のことをあまりにも知らなさすぎるため、彼について書かれた書籍を入手しました。

  • 芳賀幸四郎「三条西実隆」(1960年、吉川弘文館)

再版したもの (新装版) が1987年にも出ています (ISBN 4642050884) 。図書館では新装版、古書店で初版を入手しました。当然ながら、将棋については増川先生の書籍 (「遊芸師の誕生」) のほうが詳しいのですが、全体的なバックグラウンドはこちらのほうが詳しくなっています。

実隆は室町時代後期の公家で、すでに時代は戦国下克上の世になっていましたが、時代の流れについて行けず公家の復興をめざし、実際には何もできずに取り残された人物ということになります。これは実隆に限らず、公家全般にいえることなのですが。

実隆と将棋の関わりについては、駒の文字を書いたのが最初のようですが、文明13年 (1481年) にぽつんと記述があり、次に「初めて」駒を書いたのが明応5年 (1496年) となっています。明応5年の後は、将棋を指した記述が何度も出てきており、将棋という遊戯にのめり込んだように思われます。文明13年と明応5年の間の15年の記述を調査し切れていませんが、ここに何もないとすれば、最初の駒書きの記述がなぜここにあるのか、という疑問が出ます。

実隆日記についての論文や研究資料をほかにも見てみたいのですが、そうするには日本中世史の分野に深く足を踏み込むことになり、自分の研究がどこに行ってしまうのかという不安もあります。さて、どうしたものでしょうか。

|

« 遊戯史学会・2007年夏の総会 | トップページ | 放送大学大学院の募集要項 »

コメント

はじめまして、あほやんと申しますm(_ _)m

関西方面の某大学院(休学中)にて戦国~織豊期の政治史を勉強しておりますが、将棋もやっておりました(かつては二段ぐらい、今は・・・)。

たまごさまの研究テーマは「日本将棋の現行ルール確立の過程」とのことですが、素朴な疑問として「現行ルール確立」を示す史料ってのは、確認できるのですか?
あまり詳しく読んだわけではありませんが、中世なら例えば『言継卿記』は、たまに将棋のこと出てきますが、勝った負けたとか、懸物(景品)は扇やとか程度しか書いてなかったようだったので、よろしければお教えください。
たしか江戸時代だと、棋譜がたくさん残ってますよねo(^-^)o

投稿: あほやん | 2007年6月10日 (日) 01時56分

>たまごさまの研究テーマは「日本将棋の現行ルール確立の過程」とのことですが、素朴な疑問として「現行ルール確立」を示す史料ってのは、確認できるのですか?

簡単に確認できるようなものであればすでに見つかっているでしょうから、おそらく、難しいと思います。
断片的な将棋の記述や出土物 (この時期だと一乗谷の遺物が有名) などから、どのような将棋が指されていたのか推定するしかないのではないか、といったところです。

『言継卿記』も研究したいテーマなのですが、いまはあまり時間が取れなくて、後回しになっています。
『実隆公記』でもある程度の発見はありますので、まとまってきたら何らかの形で紹介したいと思います。

江戸時代になるとほとんど現在と同じルールになっています (千日手と持将棋の規定が整備されていません) 。そこに到達するまでの過程が知りたいというのが、私の研究テーマです。

投稿: たまご915 | 2007年6月10日 (日) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/6725915

この記事へのトラックバック一覧です: 人物叢書「三条西実隆」:

« 遊戯史学会・2007年夏の総会 | トップページ | 放送大学大学院の募集要項 »