« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月25日 (日)

面接結果と吾妻鏡

遅くなりましたが、18日に大学院入試の面接試験に千葉まで行ってきました。

夜行バスが予定より30分早く着いて、逆に時間をつぶすのに苦労してしまったわけですが、十分に余裕を持って千葉の放送大学本部に到着。当日はやけに寒く、もう1枚羽織るものを持って行っておけばよかったと思いましたが、ないものはないのだからどうしようもないです。

面接は杉森先生と五味先生に担当していただきました。杉森先生には卒業論文のときに指導していただき、五味先生は中世史の専門ですので修士では担当していただくことになると思います。

最初、自分がこのテーマを選んだいきさつを説明し、その後は質疑を受けることになりました。卒業研究からの連続したテーマで、遊戯史学会へ卒論と同じものを提出し、却下されたことも杉森先生に (卒業研究のときに) お伝えしていたので、かなりスムーズに話は進んだと思います。

五味先生からは、来年までにやっておいてほしいこととして、「吾妻鏡」を題材に、歴史史料の読み方を調べておくことをいわれました。ちょうど五味先生が吾妻鏡の現代語訳を出版された (『現代語訳吾妻鏡 (1)頼朝の挙兵』、吉川弘文館) ということもあったのだと思いますが、早速購入しています。また、近畿圏の学生向けに、京都でもゼミを開いているということですので、京都でも東京でも行きます、と答えています。

こういうやりとりがあったので、合格を前提にされているという手応えはあります。また、自分が独学では足りないのは、歴史的背景の知識と、史料の読み方だという自覚はあるので、具体的に指示をいただけるのはありがたいことですので、いろいろ知識の幅を広げていければと思っています。もちろん『吾妻鏡』には将棋の記述はないのですが、だからといって不要な知識ではありませんから、受け入れていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

「遊戯史研究」19号と2007年冬の例会

昨日、遊戯史学会から学会誌が届きました。昨年の2回、夏冬の例会に参加させていただいたのですが、そのときに発表された内容も含まれています (増川先生「将棋の起源――四人制か二人制か」、清水康二先生「韓国遊戯暼見録」、草場純先生「現代におけるゲーム文化の交流について――「ヤポンブランド」の船出」) 。

このほかの発表では、増川先生のもうひとつのもの、大橋家文書の資料紹介が気になりました。内容は初代大橋宗桂にあてられた手紙4通の解説です。大橋家文書には将棋の起源 (後奈良帝の時代に醉象を除いて現在の形になった、云々) を記したものがあるので、自分の研究のためにもそれを見てみたいと思っています。

学会誌に同封されて、増川先生から手紙をいただきました。例会の出欠の返事に、「実隆公記」で修士の研究をやりますと書いたので、そのことについてのお返事で、よいテーマを選ばれた、とのことでした。修士の合格発表はまだですが (試験の報告は別の機会にします) 、十分に手応えはありましたので、修論の研究がうまく進められるようにがんばりたいと思います。

来週の土曜日、12月1日に、遊戯史学会の例会があります。講演テーマは、増川先生の「中将棋について」、酒井知幸さんの「高校生へのゲームに関するアンケートについて」の2つ。どちらも気になりますが、今回は時間の都合が取れず欠席となりました。ざんねん。

PS. この記事を書くのに遊戯史学会からの手紙を読み直していたら、振り込み用紙が入っているのに今頃気がつきました。……すみません、まだ年会費を納めていません。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

いよいよ面接です

面接試験の旅程大学院の面接試験が明日に迫ってきました。朝9時40分の集合なので、夜行バスで早朝に東京に入るルートにしました。

放送大学の本部が試験会場なのですが、本部があるのは京葉線の海浜幕張駅と総武線の幕張駅のほぼ中間。また、今後の研究に必要な書籍を扱っている古本屋 (アカシヤ書店さん) が神保町にありますので、そこにも足を運ぼうと思っています。ということで、こんなルートになりました。

  1. (紫の矢印) 夜行バス「ドリーム高知号」で徳島・松茂を今日の22時27分発、東京駅に翌朝7時着。
  2. (緑の矢印) 軽く朝食を取った後、京葉線で海浜幕張駅まで。放送大学まで15分ほど歩き、面接。
  3. (青の矢印) 幕張駅まで歩いて総武線に乗る。馬喰町で都営新宿線に乗り換えて神保町へ。
  4. (ベージュの矢印) 神保町で古本を買った後、都営三田線 (日比谷で乗り換え) ・山手線・東京モノレールを経由して羽田空港へ。羽田14時発の徳島行きで帰路。

計算したところ、昼食の時間がありません (汗) 。どこかで失敗したら大惨事だな、こりゃ。ちなみに運賃は、「ドリーム&東京フリーきっぷ」を使うので、高速バス+JR+モノレールで10500円。現地で払うのは神保町周辺の地下鉄だけになります。こういうところだけはちゃっかりしていたりします (笑) 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »