« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月29日 (土)

着々と準備中。

学生証に貼る証明写真が、以前撮影したのがあったはずなのに見つからないので取り直してきたら、今日になって出てきて orz しています。

4月から放送大学の大学院生となるので、いろいろと始まってきています。大学院の授業の印刷教材 (教科書のこと) も届きましたし、学生証も着きました (写真は、4月6日の入学式のときに貼ってもらえるそうです) 。当たり前ですが、大学に比べると教材が熱いし文字が細かい。4科目取りましたが、たぶん単位を取るための最低限のことしかできないような気がします。

入学式は徳島であるのですが、その前日の4月5日に、千葉の本部でオリエンテーションがあります。朝10時から昼3時まで、前半が全体の、後半がゼミごとの説明と顔合わせになると思います。どんな人がいるのか、何人くらいいるのか、みんなどれくらいのレベルの研究を進めるのか、わからないことが多くて不安のほうが強いのですが、この感覚は久しぶりに感じるものですね。

研究のために、図書館に行ってきました。徳島でも史料はけっこう集まるもので、「実隆公記」は鳴門教育大学に、「言経卿記」は徳島県立図書館にあります。こういった中世後期の貴族の日記から、将棋に関する記述を調べ、当時の将棋の姿を類推するのが今回の研究テーマです。まだ、増川先生の研究をたどっているような段階ですが、何か新しい発見ができればいいかな、というか何も出なければ大学院でやる意味がないような、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

大学院オリエンテーション&人間将棋

今日、大学院から「研究指導履修の手引き」が届きました。2年後に書く修士論文は4万字、その前に半年ごとにレポートを提出する必要ありと、かなりハードな内容になっています。修論だけに集中できればいいのですが、放送大学の学部生と同じように放送授業 (修士のものなので、さらに高レベル) があって、なかなか大変そうです。

4月5日、千葉の本部でオリエンテーションがあります。朝一の飛行機に乗れば時間的には間に合うのですが、予算的に夜行バスを採用。現地日帰り、0泊3日の強行軍は初めてですが、まあ何とかなるでしょう、たぶん。

この旅程にぴったりな「ドリーム&東京フリーきっぷ」を買ってきたのですが、経路が変わっていて、池尻大橋 (この近くに住んでいたことがあります) ~新宿~東京~新木場というルートになったようです。値段は変わらないので、終点の新木場まで乗ってみることにしました。

そして、4月19~20日の「人間将棋」にも行くことになりました。2年前にも行っているのですが、今回は橋本七段ファンの妻が「生ハッシーを見たい見たい見たい」ということで、かなり急遽決定。2人で徳島から天童まで行くと、旅費だけで1か月ぶんの給料が飛びかねませんが、一生に一度あるかないかのチャンスは逃がせません。

値段と時間、移動の快適さを天秤にかけて、東京経由 (夜行バス+山形新幹線) か大阪・新潟経由 (寝台列車 (日本海かきたぐに) で日本海側を北上) という2ルートを設定。夫婦そろって鉄ちゃんのため、飛行機という選択肢は却下 (大阪-山形の空路は十分有力ですが) 。行き帰りのそれぞれでどちら経由にするかで、買う切符も変わります。

  1. 行き帰りとも東京経由なら、「土・日きっぷ」。
  2. 行き帰りとも大阪・新潟経由なら、大阪発着で周遊きっぷ「福島・蔵王ゾーン」。
  3. 行きが東京経由、帰りが大阪経由かその逆なら、片道切符 (東京発天童経由大阪行きで、同じ路線を通らない) にして運賃を節約する。

バスの値段も含めてシミュレーションしたところ、値段的にはどれも変わらないので、夜行バスが入らない2か、たくさんの路線が楽しめる3か、というところで家族会議中です。そういえば、まだ現地の宿も確保できていないなあ。そろそろ取っておかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »