« 実隆公記を読む会 | トップページ | 今谷明『戦国時代の貴族』 »

2008年6月12日 (木)

諸象戯図式から芋づる式に

修論のテーマのひとつに「諸象戯図式」があるのですが、ここに出てくる人物の名前はどれくらいあるかご存じでしょうか。

後奈良天皇が日野晴光と伊勢貞孝に命じ、42枚の将棋から醉象が除かれ、40枚になったと書かれているのがこの書籍です。そのほか、前文には後奈良天皇の廷臣として前述の2人のほか、高倉永家と蜷川親俊の名前があり、2巻以降の詰将棋の作者として伊藤宗看、版元の西澤貞陣 (太兵衛) の名前が見られます。

後奈良天皇には「天聴集」、蜷川親俊には「蜷川親俊日記」が残っており、それぞれ解説書が出版されています。といっても、「天聴集」については戦時中の1942年、国民精神文化研究所というところが出したものであり、気合いが入りすぎかも。「蜷川親俊日記」については2005年に出版された「落日の室町幕府―蜷川親俊日記を読む」が解説書に当たり、これは書店や図書館で容易に入手できそうです。

その他、CiNiiで調べたところ、伊勢貞孝についての論文が1件だけ見つかりました。「白山史学」という学会誌にあり、CiNiiよると岡山県立図書館にもあるようなので、月末の岡山行きの際に寄ってみようと計画を立て、朝一の特急で行くことにしないと、と思っていたわけですが。

念のため、地元の徳島県立図書館で検索をかけたところ……ありました (CiNiiには公営の図書館はあまりは行っていないのです) 。結局、朝一のプランはなくなりました (笑) 。

|

« 実隆公記を読む会 | トップページ | 今谷明『戦国時代の貴族』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/21572956

この記事へのトラックバック一覧です: 諸象戯図式から芋づる式に:

« 実隆公記を読む会 | トップページ | 今谷明『戦国時代の貴族』 »