« 2009年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2009年4月

2009年4月 4日 (土)

「本横」の駒

徳島で、「本横」と記された将棋の駒が発掘されました。

このニュースを知ったのが3月末に徳島で行われた、放送大学の徳島学習センターセのンター卒業式のあとの雑談。自分は在学生として、卒業式のあとの茶話会に参加していたときにこの話を聞きました。

もちろん3月15日の現地説明会は終わっていたのですが、調査を行った徳島県立埋蔵文化財センターに問い合わせて、そのときの資料をもらうことができました。まだ調査中とのことで、報道された内容を越える情報はありませんでしたが、駒の写真など、詳しい資料もいただいています。

埋蔵文化財センターによると、「本横」の駒は、同じ音の「奔王」をあてたものではないか、という仮説。「奔」の文字が「本」+「廾」なので、ほかの読み方ができないかと思ったのですが、写真を見る限り難しいかもしれません。あとは、「横行」などと誤った可能性があるかどうか、あるいは、これまでに知られていなかった将棋があったか、ですね。

13世紀、鎌倉時代の遺跡であるとのことです。仏教関係の出土品もあり、近くに寺院があったと考えられています。将棋に限らず、この時代の遺物が発見されるのは徳島では珍しいとのことで、埋蔵文化財センターでも調査結果に期待を寄せているようでした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2010年5月 »