« [読書メモ]きたみりゅうじ『会社じゃ言えないSEのホンネ話』 | トップページ | [読書メモ]神野直彦『「分かち合い」の経済学』 »

2011年1月27日 (木)

[雑感]放送大学に行ってきた

放送大学
アナウンサーになるための学校ではなく(このネタも使い古された感があるな)、テレビとラジオの放送で授業を行う4年制の大学です。
関東では地上デジタル放送にも対応しており(12ch)、見たことだけはあるという方も少なくないかもしれません。

これを書いている1月27日現在、放送大学では学生の募集を行っていますが、自分はすでに学生で、今日は単位認定試験(期末試験ですね)を受けてきました。ちゃんと試験を受けて単位を取って、卒業要件を満たして卒業できる仕組みになっているんですよ。
ちなみに、自分の放送大学歴は休学1年、修士課程2年を含んで11年目。最終学歴が「放送大学大学院 文化科学研究科 総合文化プログラム(文化情報科学群)」というなにやら物凄そうなものになるのですが、趣味にしている将棋の歴史をテーマに、修士論文を書いたのがこの研究科でした。つまり日本史の修士課程なんです。

今まで趣味で放送大学を使ってきましたが、今度は実際の業務にも近いところで、経営学を中心に履修しています。そして今日は後期の単位認定試験。
3科目履修しましたが、この半年はいろいろバタバタしたので、放送授業(たまたま3科目ともラジオで、放送大学のサイトでストリーミング放送されています)のストリーミングを1度通して聞いただけで、まともな試験勉強は今日の試験の直前。それでもどんな授業が放送されていたのかうっすらと覚えていたので、何とか形になったかな。

せっかく授業料を払って履修しているので、授業をもっと有効活用したいのですが、今回は単位を取るだけになってしまいました。
いろいろな考え方があると思いますけれど、自分としては、放送大学は生涯学習ですし、生涯学習は単位や資格のためではなく、自分の成長のために使っていきたいと思っています。
来学期は、もうちょっとちゃんとやろう(……と、試験が終わるたびに毎学期思っているような気もしますが(汗))。

|

« [読書メモ]きたみりゅうじ『会社じゃ言えないSEのホンネ話』 | トップページ | [読書メモ]神野直彦『「分かち合い」の経済学』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/45718932

この記事へのトラックバック一覧です: [雑感]放送大学に行ってきた:

« [読書メモ]きたみりゅうじ『会社じゃ言えないSEのホンネ話』 | トップページ | [読書メモ]神野直彦『「分かち合い」の経済学』 »