« [読書メモ]宮台真司『日本の難点』 | トップページ | [雑感]放送大学に行ってきた »

2011年1月26日 (水)

[読書メモ]きたみりゅうじ『会社じゃ言えないSEのホンネ話』

会社じゃ言えないSEのホンネ話(きたみりゅうじ)

SE=システムエンジニア、ということで、自分が大学卒業から15年間どっぷりとつかっている業界のお話です。といっても、SEというのは特定の顧客(ユーザー企業)からの請負開発が主業務です(と思っています)ので、今まで特定の顧客を持たない仕事(注)ばかりだった自分は、SEを名乗ったことはないのですが。
注:去年まで、一般顧客向けのパッケージソフトウェア(つまり小売店で箱に入って売られているもの)を作る仕事が大半でした。2月からの仕事は状況が違ってくるかも。

「あー、あるある」という話も、「それはその会社だけじゃない?」という話もありました。かなり前面に押し出されている感のある、勤務時間の長さ、忙しさというのは、自分の経験してきた範囲ではなかったものですが、時々話として聞きますので、勤め先によるのでしょう。
そういった意味で、多少は不幸自慢ぎみになってしまっているかなと思いました。IT業界で働きたいと思っている人が、この本を読んで真に受けて、希望をあきらめるようなことにならなければいいのですが。

これまで勤務した2社、出向先も含めれば3社になりますが、仕事の環境や、職場の雰囲気など、もっと明るいですよ。
(著者のきたみさんも、フリーになる直前にいた勤め先は、雰囲気がよかったようですし。)
こんなに殺伐とした職場が絶対にないとは言いませんが、これが普通だと思われているなら、IT業界に勤めている人間として異議を唱えたい。
そりゃあ仕事は楽じゃない。お客様の漠然とした要望を形にするのが仕事ですから、決して単純作業ではないし、頭を使う。あらゆる細部において実現可能かどうかは作ってみないとわからない部分があり、完成までにどれだけ時間がかかるかもわからない(というか、時間がいくらあっても足りない)。
でも、そういう苦労よりも、自分たちが作ったもので新しい価値を提供できる、あるいはお客様の問題を解決することができる、そして、これまでに存在しなかったものを、自分たちの手で組み上げることができる。それが開発者にとってのやりがいですし、やりがいの大きさに比べれば、仕事の苦労なんて簡単に吹き飛ぶくらいのものでしかありませんよ。

とはいえ、好きでないと続けられない仕事であるのもまた確かです。前の段落に書いたのは自分の仕事観でもありますが、違う仕事観を持っていたり、SEの仕事を「やらされている」と感じるようであれば、しんどいところばかり目についてしまうので、IT開発という職種自体が向いていないということにもなるのかもしれません。
きたみさんがどちらの立場だったのかはともかく、単なる不幸自慢だけではなく、「SE愛」というと表現が恥ずかしいですが、SEという仕事に対する愛情をもう少し表に出してほしかったと思う部分もありました。

|

« [読書メモ]宮台真司『日本の難点』 | トップページ | [雑感]放送大学に行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/45718933

この記事へのトラックバック一覧です: [読書メモ]きたみりゅうじ『会社じゃ言えないSEのホンネ話』:

« [読書メモ]宮台真司『日本の難点』 | トップページ | [雑感]放送大学に行ってきた »