« [読書メモ]入江恭広『また、「お祈りメール」がきました。』 | トップページ | [読書メモ]秋庭俊『大東京の地下鉄道99の謎』 »

2011年2月12日 (土)

[勉強会]2011/2/12 書店内カフェで読書会@北与野

○コミュニティ名:本を共に読んで活かす会@大宮
○名称:2/12(土) 書店内カフェで読書会@北与野
○日時:2011年2月12日 10:00~12:00
○場所:ブックデポ書楽内「カフェビーンズ」(Googleマップ
○参加者:6名

以前、このブログで思いつきを記事にした、「書店での読書会」を実現してきました。自分が埼玉県(川口市)に住んでいることもあり、さいたま市内の大型書店での開催としました。
たまたま埼玉にこういった場所があったというのもありますが、これをきっかけに、埼玉でも勉強会や読書会が盛り上げられるのも悪くないですね。

実現にあたって、埼玉県内で読書会・勉強会を運営されているコミュニティの協力を得られたことに、感謝します。
前日の雪や寒さについては自分ではどうしようもなかったのですが、会場が狭く、喫煙席に移動せざるを得なかったのは申し訳なかったです。週末の朝は、結構混むんですね。
以下、今回紹介された書籍です。
就活極意 また、「お祈りメール」がきました。(入江恭広)
トルコのもう一つの顔漂流するトルコ―続「トルコのもう一つの顔」(小島剛一)
ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験(大鐘良一/小原健右)
のぼうの城(上/下)<小学館文庫>(和田竜)
オール1の落ちこぼれ、教師になる(宮本延春)
いつかはハワイ島で暮らす (おとなの夢シリーズ (1))(加藤賢一)
大まかにいうとキャリア系のビジネス書が3つ、外国の紀行文が2つ、小説が1つ。幅広いジャンルの本が集まりながら、この本とこの本がつながってくるよね、というものもありました。

どの本も、紹介されるだけの魅力があるし、各参加者がその本を紹介するだけの理由があります。
「自分の好きな本を紹介する」という簡単なコンセプトではあるのですが、そこには本の魅力と紹介者の思い、そして聞き手の経験が積み重なり、非常に中身の濃い意見交換となりました。
この形式の読書会は、敷居が低いわりに、得るものが大きいと思います。。これまで雰囲気がわからなくて参加できていなかった方も、是非足を運んでいただきたいですね。

ほんとうは、せっかく書店で読書会を開催しているので、書店とのコラボレーションをやりたいのですが。
どういう形で実現させられるのかはまだ考えがまとまっていませんが、読書会で紹介された書籍や、出てきた意見をお店のほうにフィードバックして、販売や広告につなげられればというイメージは持っています。
使い古された言葉ではありますが、読書会と書店がWin-Winの関係になればうれしいですね。

|

« [読書メモ]入江恭広『また、「お祈りメール」がきました。』 | トップページ | [読書メモ]秋庭俊『大東京の地下鉄道99の謎』 »

コメント

昨日はありがとうございました。もっと大宮でできるといいので、これからもどうぞ企画してください。お店が混んでいたのは意外でした。何か人気があるのかしら…

投稿: かぶこ | 2011年2月13日 (日) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/45718961

この記事へのトラックバック一覧です: [勉強会]2011/2/12 書店内カフェで読書会@北与野:

« [読書メモ]入江恭広『また、「お祈りメール」がきました。』 | トップページ | [読書メモ]秋庭俊『大東京の地下鉄道99の謎』 »