« [読書メモ]リサ・ ガンスキー『メッシュ』 | トップページ | [読書メモ]竹田恒泰『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』 »

2011年3月16日 (水)

[読書メモ]内田樹『日本辺境論』

日本辺境論 (新潮新書)(内田樹)

3月11日の震災前に買っていた本ですが、読んだのは震災の後になりました。
震災の混乱の中で、暴動などはほぼ全く起こらず、長い時間列を作って給水を待ち、少ない食料を分け合う日本人の姿を、外国メディアは驚嘆のまなざしで見つめていました。望んだ形ではないものの、日本が世界から注目される状況となり、この状況を踏まえて考察してみました。

日本人にとっての「問題解決」とは、解決策とは必ずどこかにあるもので、それを見つけることであるという話を聞いたことがあります。決して、自分たちで解決策を作り出すものではないのです。だから日本人はオリジナリティがないのだ、という論につながりますが、この考え方自身、理想を外部において、日本と比較する形になっていますね。結局、どこまで行っても日本人は日本人的考え方から抜け出せないようです。
自分の中に基準がなく、外にある基準に自分たちが合わせることしかできない。たとえ自分たちが基準になることを考えたとしても、外を自分たちの基準に合わせるとしか考えられず、それは単に内外を逆転させただけに過ぎない。ここまでばっさり切られてしまうと、苦笑しつつも受け入れざるを得なくなります。
先日の地震の際に、順番待ちで長時間きちんと列を作っていたこと。また逆に、首都圏では数少ない商品の買い占めが問題になっていること。どちらも心理的には同じことで、基準は自分の外にあって、「みんながそうやっているから」以上の理由はないはずです。自分の中に基準を持てないことが、よい側にも悪い側にも働くのは、興味深い現象と言えるかもしれません。

さて。日本人が間違いなく苦手だと思うことで、今後求められてくることが1つ。
それは、社会の「多様性」を認めることです。
外に絶対の理想がありそれに倣ってきたこと、あるいは場の空気に流されて行動を続けてきたこととは全く異質の考え方で、複数の事象や考え方を、比較することも優劣をつけることもなくすべて受け入れることが、私たち日本人には非常に困難な作業になるものと思われます。
2つの異なる考え方がぶつかったとき、どちらかが押し通すか両方が妥協するかしか考えられないのですから、「両方の意見を尊重する」ことが私たちには難しいのです。
なお、メタな視点で見れば、両方の意見を尊重するのと他のやり方を比較すること自体、2つの考え方がぶつかっているわけですから、どちらがいいとか悪いとか考える時点で、私たちは日本人なんだなあと思ってください。

まとめますと、私たち日本人、そして日本という国の本質的なところは、「外からどう見られているか」なのでしょう。自分で考えて結論を出しているように見えても、その基準は外部の評価がどうか、ということ。
とはいえ、外部の評価を気にするのは決して悪いことではなく、今回の震災でも復興する段階に入りつつありますが、力を合わせて復興させるのだという雰囲気が醸成されれば、再び世界を驚かせることができると信じています。

|

« [読書メモ]リサ・ ガンスキー『メッシュ』 | トップページ | [読書メモ]竹田恒泰『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/45718976

この記事へのトラックバック一覧です: [読書メモ]内田樹『日本辺境論』:

« [読書メモ]リサ・ ガンスキー『メッシュ』 | トップページ | [読書メモ]竹田恒泰『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』 »