« [勉強会]2011/3/27 PRESIDENT 3.21号、4.4号 読書会 | トップページ | [読書メモ]中川美紀『『ワーク=ライフ』の時代』 »

2011年3月30日 (水)

[将棋]天童人間将棋、今年は中止

先日の大震災の影響ですが、毎年山形県天童市で開催されている「人間将棋」が中止になりました。

人間将棋(天童CCIの観光情報)

人間将棋は「天童桜まつり」の主要イベントの一つで、毎年4月下旬に天童市の舞鶴山で開催されています。
将棋を戦国時代の合戦に見立て、舞鶴山に据えられている巨大な将棋盤を、甲冑で身を包んだ40人の武士が、将棋の「駒」となって戦います。
それぞれの陣地には櫓があり、櫓から対局者が武将となって駒に指示を出し、実際の将棋のルールに基づいて対局を行います。対局者はプロの棋士や女流棋士がつとめるので、レベルの高い対局を間近に見ることができます。

過去2回、直に人間将棋を見に行きました。1度は卒業研究で将棋の歴史について調べていたとき、天童駅にある将棋資料館を訪れるときに、もう1度は妻が大ファンの橋本崇載七段が対局者となったときです(もちろん、妻を連れて行きました)。
解説が将棋を知らない人にもわかるように説明してくれているので、非常に丁寧で基本的なことも話してくれていたのを覚えています。

天童の被災状況は確認できていませんが、福島や仙台に近いことや、山形新幹線が今日まで不通状態だったこともあり、震災の影響は小さくはないでしょう。また、多数の観光客が来場するイベントを開催する人的な余裕もないでしょうから、今年開催できないのはやむを得ないだろうと思います(もちろん「自粛」という意味合いもあるでしょうが、それを脇に置いたとしても、です)。
いまはとにかく日常の生活を取り戻すことに専念してほしい。そしてかなりの程度で日常が取り戻されたなら、満開の桜の下でなくとも、人間将棋を開催してもらえたらと思います。
自分には応援することしかできませんが、東北に元気を与える意味でも、忘れないで応援したいですね。

|

« [勉強会]2011/3/27 PRESIDENT 3.21号、4.4号 読書会 | トップページ | [読書メモ]中川美紀『『ワーク=ライフ』の時代』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/45718969

この記事へのトラックバック一覧です: [将棋]天童人間将棋、今年は中止:

« [勉強会]2011/3/27 PRESIDENT 3.21号、4.4号 読書会 | トップページ | [読書メモ]中川美紀『『ワーク=ライフ』の時代』 »