« [読書メモ]駒崎弘樹『働き方革命』 | トップページ | [読書メモ]山崎将志『残念な人の仕事の習慣』 »

2011年4月14日 (木)

[将棋]里見女流三冠、奨励会1級を受験

将棋の「歴史」について語るはずのブログが、だんだんそれてきているような気もしますが、気にしません(笑)。
里見さん、どこまで行けるのか、頑張ってほしいですね。

里見香奈女流名人・女流王将・倉敷藤花が奨励会1級編入試験を受験 | お知らせ|お知らせ・イベント情報:日本将棋連盟

いくつかのニュースサイトでも取り上げられていますが、報知新聞の記事が最も詳しく出ていました。
ちなみに報知新聞は女流名人位戦の主催者でもあります。
里見名人、女性初のプロ棋士目指し「奨励会」編入試験:社会:スポーツ報知

連盟の発表と報道を総合すると、奨励会への挑戦は里見さんから申し出たことがわかります。連盟側は特例としての三段リーグ、あるいはフリークラス編入を提案したものの、里見さんの希望で1級の受験となり、連盟が対局者の選定などでイベント要素を取り入れた形になっています。
里見さん個人の問題にとどまらず、将棋界、とくに女流棋界の将来を占う意味でも、大きなマイルストーンとなる挑戦でしょう。

まず、女流トップクラスの実力が奨励会のどのあたりなのか、ということが気になる人は私だけではないと思います。男性棋戦でも女流枠が設けられ、里見さんも多くの対局に臨んでいますが、それらの対局から男性プロは里見さんを奨励会の二段程度の実力だと話していたと思います(橋本七段が、「将棋世界」の誌上対局(2010年10月号)で里見さんに敗れた後のコメントなど)。その話がリップサービスなのか、これから判明しますね。

ふたつめ、女流棋士と奨励会員との掛け持ちが可能になるように、規約を改定するとの話。2009年に香川女流1級が奨励会(5級)を受験したときには規約改定の話は出ませんでしたが、女流棋界としても里見さんを失うのは痛いのでしょう。女流も奨励会も、対局日程はそれほど詰まっていませんので、十分に掛け持ちは可能のはず。里見さんが規約を変えるきっかけになりましたが、もっと早く改訂に動いてもよかったかもしれません。
(香川さん、4級で退会しています。女流棋士に戻るという話も聞きませんし、このまま将棋から離れてしまうのでしょうか。)

最後に、試験対局の選出について。女性の奨励会員だけ3人選ぶ人選については賛否両論あるかと思います。確かにイベントに偏りすぎだし、棋力の面でも手合い違いではないかとも思うわけです。
いくつか物差しをあげるとすれば、対局相手である加藤さんが奨励会に入る前、小学生のときに女流プロに勝ったことがあるとか、女流棋士で奨励会1~2級に在籍していた千葉さん、岩根さん、甲斐さんとの比較とか、先に挙げた香川さんの事例も物差しになり得るかと思います。

ただ、1つ言えるのは、里見さんが奨励会に入ってからが本当の勝負だということです。奨励会に入ることが目的ではなく、正棋士として奨励会を抜けることが目的なのですから。
1級受験ですから、21歳までに初段、26歳までに四段という2つの年齢制限をクリアしなければなりませんが、今の気持ちを忘れず挑戦を続けてほしいと思いました。

|

« [読書メモ]駒崎弘樹『働き方革命』 | トップページ | [読書メモ]山崎将志『残念な人の仕事の習慣』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/45718987

この記事へのトラックバック一覧です: [将棋]里見女流三冠、奨励会1級を受験:

« [読書メモ]駒崎弘樹『働き方革命』 | トップページ | [読書メモ]山崎将志『残念な人の仕事の習慣』 »