« [読書メモ]中谷彰宏『30代で差がつく50の勉強法』 | トップページ | [読書メモ]大塚寿『40代を後悔しない50のリスト』 »

2011年4月23日 (土)

[勉強会]2011/4/23 書店内カフェで読書会@大宮

○コミュニティ名:本を共に読んで活かす会@大宮
○名称:4/23(土) 書店内カフェで読書会@大宮
○日時:2011年4月23日 10:10~12:00
○場所:ブックス&カフェ UCC そごう大宮店Googleマップ
○参加者:6名

大型書店併設のカフェで読書会をする企画、2回目を開催しました。
今回の開催は埼玉県の代表駅、大宮駅前のそごうにある「ブックス&カフェ UCC」。8階の三省堂書店の隣にあり、購入前の本を持ち込むこともできるのです。

今回紹介された本は、以下の6冊です。
・『ザッポスの奇跡 The Zappos Miracles―アマゾンが屈したザッポスの新流通戦略とは』(石塚 しのぶ)
・『サービスを100%受けられる人、50%しか受けられない人。』(豊澤 早一妃)
・『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』(太田 匡彦)
・『ケンブリッジの贈り物』(川上 あかね)
・『道をひらく』(松下 幸之助)
・『ハーバードの人生を変える授業』(タル・ベン・シャハー、成瀬 まゆみ (訳) )

今回もいわゆる「リーラボ形式」、つまり本を紹介して、その紹介内容への感想や関連することをみんなで共有するというのを人数分繰り返すという形を取っています。書籍そのものの話だけではなく、普段皆さんが問題意識を持っていることが出てきたりして、興味深いコメントが出てくることもしばしばあります。
今回でいうと、ケンブリッジやハーバードといった欧米の有名大学の本が紹介されたので、日本と比較した大学生の意識の違い、大学の授業のあり方など、日頃問題に思っていることが発現として出てきました。

『犬を殺すのは誰か』の著者である太田氏はAERAの記者。過去にこのコミュニティ(私が加入する前で、勝間和代さんの著書をメインに扱っていました)でのカツマー勉強会を太田さんが取材に来たことがあったのだそうで、管理人のかぶこさんが太田さんと名刺交換をしていたというお話もありました。
世間は狭いと思いましたし、偶然ですが人のつながりを演出できたのはうれしいことです。

さて、書店のすぐ近くのカフェで開催する理由として、いい本が紹介されたらすぐに入手できることがあげられると思います。その恩恵に自分がまずあずかってみて、さっそく『道をひらく』と『ハーバード』を購入してみました。
今月は書籍代に1万円以上投入しています(妻には怒られました)が、今年は読書量を増やすことを目標にしていますし、自分への投資は最も効率がよいともいいます。……まあ、書籍代を使いすぎたことの言い訳ですが、でも自分の成長としてきちんと還元できるように、意識していきたいと思います。

|

« [読書メモ]中谷彰宏『30代で差がつく50の勉強法』 | トップページ | [読書メモ]大塚寿『40代を後悔しない50のリスト』 »

コメント

おぉっ!さっそく紹介本を買ってくださりありがとうございます。この本での読書会をやってもおもしろいと思います(^-^)

投稿: かぶこ | 2011年4月23日 (土) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/45718984

この記事へのトラックバック一覧です: [勉強会]2011/4/23 書店内カフェで読書会@大宮:

« [読書メモ]中谷彰宏『30代で差がつく50の勉強法』 | トップページ | [読書メモ]大塚寿『40代を後悔しない50のリスト』 »