« [勉強会]2011/4/23 書店内カフェで読書会@大宮 | トップページ | [読書メモ]ティナ・シーリグ『20歳のときに知っておきたかったこと』 »

2011年4月25日 (月)

[読書メモ]大塚寿『40代を後悔しない50のリスト』

40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則(大塚寿)

前回紹介したのが30代の本(中谷彰宏『30代で差がつく50の勉強法』)、今回が40代の本です。平均寿命や定年が延び、現在30代後半の自分はまだまだ先が長いように感じていますが、そう思っていると将来を後悔する羽目になる、という警告の一冊でもありました。

失敗談や後悔のリサーチから入っているため、見出しが「○○ができなかった」という否定形のリストになっており、そうならないための考え方が本文に書かれています。あえてこのような形にしたのだと思いますが、やっぱり普通に、見出しはポジティブな表現にしておいたほうがよかったのではないかと思います。
ネガティブな見出しから入り、その状態を回避するための方法論を読みながら考えさせられるので、1つ手間が増えて思考のリズムが乱れてしまいました(答えをすぐには明かさず考えさせるところは、作者の狙いかもしれませんが)。

人生の20パーセントでいいから、リスクを取って挑戦する、「攻め」の部分を持て。確かにその通りではあるのですが、失敗してこれまで積み重ねたものを失う可能性を考えると、やはり足が止まってしまいます。
月8万円程度の、別口の収入源を確保せよ。最近は副業規定がゆるくなった会社も多く、給料以外の収入を得ることへの抵抗感は薄れてきたかと思いますが、元手がかからない収入源って、結局は労働しかないんですよね。いわれることは理解していても、リスクを恐れて踏み込めない。
別口の収入源を得るためのリスクを取れれば、さらなる挑戦もできるし、20パーセントの攻めも当然のものとなっているのでしょう。要は、最初の一歩のリスクを取れるかどうか。30代・40代を後悔するかしないかは、この1点にかかっているように思います。

リスクを取らない「守り」の姿勢と同様に、目の前のタスクと真剣勝負しない「逃げ」の姿勢も、自分自身にとって気になる部分です。リストの51番目に入れてもいいのかもしれません。
年齢的に、がむしゃらに働くだけが能ではないとはいえ、仕事から逃げてばかりでは成長もありませんし、次のステップに進むこともままなりません。私自身、20年近く働いていて、知識も経験も能力もついたのだから、それらを生かさない手はないはず。どうも、まだ、自分自身が楽なほうに流れていってしまっていると感じる部分があります。

そしてこれからの自分に必要なことは、会社での立ち位置、自分のポジションを確立させること。自分が何をしたいのか、会社は私に何を期待しているのか、どこまで出世できるのか、等々、漫然と働いているだけでは見えてこない部分を、きちんと形にしていく必要があります。
また、リスクを取らねばならないのなら、何をどれだけ失ってもよくて、逆に守らねばならないものが何なのか、自分の軸としてはっきりさせておく必要もあります。
私の今年のテーマは「本気」ですが、これから先何年かは、人生に対して本気で取り組まないと、一生後悔することになりそうです。

|

« [勉強会]2011/4/23 書店内カフェで読書会@大宮 | トップページ | [読書メモ]ティナ・シーリグ『20歳のときに知っておきたかったこと』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/45718983

この記事へのトラックバック一覧です: [読書メモ]大塚寿『40代を後悔しない50のリスト』:

« [勉強会]2011/4/23 書店内カフェで読書会@大宮 | トップページ | [読書メモ]ティナ・シーリグ『20歳のときに知っておきたかったこと』 »