« [読書メモ]植西聰『「折れない心」をつくるたった1つの習慣』 | トップページ | [読書メモ]勝間和代『まじめの罠』 »

2011年11月28日 (月)

[読書メモ]潮凪洋介『もう「いい人」になるのはやめなさい!』

もう「いい人」になるのはやめなさい!(潮凪洋介)

本書のような自己啓発系、生き方関係の書籍は何冊も出ていますが、自分に合うものと合わないもの、言い方を変えれば書かれている内容を実践したいと思えるものとそう思えないものがあります。
どの本が合い、どの本が合わないかは人それぞれによって異なるでしょうし、たとえベストセラーになっているからといって、その本が自分に合うかどうかは、実際に読んでみないとわからないものです。

この本は、非常に実践的で示唆に富む内容が書かれているのですが、自分には少し合わないかなと感じたほうです。「いい男」として描かれている理想の人物像は、自分がなりたい人物像とは、少し違うように感じます。
ただ、その違和感は表面的な言動の部分でのずれだと思いますし、というのも内面の部分で本書を貫くキーワードとなっている、「自分自身の軸、ぶれない芯を持つ」という考え方は、大いに賛同するものです。

そこまでの軸が備わっていない人、自分もその中に入るのでわかるのですが、そういう人は自分に対する自信を持てていません。だから周囲に流されたり、空気を読んだりするわけです。
自信を持ち、自分を曲げず、かといって独りよがりにならない生き方が自分にとっても理想なのですが、なかなかその域に達することができません。それ以前に、どうすれば自分に自信を持てるようになるのか、そこから迷っています。
そういった、自分に対する自信を持てるようになる方法の部分を、もっと掘り下げてほしかったと思いました。前書きでは、「いい人」であろうとするから、自分に自信が持てない、といったことが書かれていましたが、自分の経験では因果関係が逆だといえます。つまり自分に自信がないから「いい人」にならざるをえない、だから「いい人」をやめるには自分に自信をつけることが大事だということです。
結局は地道な努力を重ねていくことしかなく、特効薬的な方法はないのかもしれません。経験による裏付け、その中で得た成功体験は、間違いなく自信につながっていきます。自分はそれだけの努力を避けてきたところはないとはいえないし、世の中的にも効率や成果を重視するようになってきたし、いろいろな方法に手を出してみたものの、成功体験には至っていないというのが現状です。その現状を打破したいわけですが、愚直に行くしかないのかな。

言葉尻を捕まえるようで申し訳ないのですが、本書の理想の人物像、「いい男」なんですよね。はなから女性は読者層として想定していないと割り切っているのか、女性を敵に回すことを恐れていないのか。
自分の中にぶれない芯を持つことは、男女関係なく重要なことですから、そういう展開でも一冊書けたのではないかなと思いました。

|

« [読書メモ]植西聰『「折れない心」をつくるたった1つの習慣』 | トップページ | [読書メモ]勝間和代『まじめの罠』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/45719052

この記事へのトラックバック一覧です: [読書メモ]潮凪洋介『もう「いい人」になるのはやめなさい!』:

« [読書メモ]植西聰『「折れない心」をつくるたった1つの習慣』 | トップページ | [読書メモ]勝間和代『まじめの罠』 »