« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

[勉強会]2011/12/31 読書朝食会Reading-Lab首都圏版

○コミュニティ名:読書朝食会Reading-Lab首都圏版
○名称:【12月31日(土)9時開催@大崎】読書朝食会"Reading-Lab"のお知らせ
○日時:2011年12月31日 9時00分~11時00分
○場所:スターバックスコーヒーゲートシティ大崎店 内「セミナールーム」 (Googleマップ
○参加者:19名

今年最後の日に、今年最後の読書会に行ってきました。
毎年大晦日にリーラボを開催しており、今回で3回目だということです。
ちなみに自分がなぜ参加できたかというと、本業が多忙で帰省のめどがつかなかったからです。今の現場のプロジェクトが一段落したら、時期をずらして帰ることになりそう。

4~5人の小グループに分かれて、グループ内で本の紹介を行いました。
盛り上がっているグループも会ったようですが、私たちのところは比較的落ち着いた意見交換になったかと思います。
私たちのテーブルは、以下の書籍が紹介されました。
・ウォルター・アイザックソン『スティーブ・ジョブズ
・星野仁彦『発達障害に気づかない大人たち
・奥田英朗『町長選挙
・海老根智仁『会社を替えても、あなたは変わらない
また、紹介はありませんでしたが、
・ジェフ・ジャービス『パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ
・泉正人『年収のあがらないあなたへ
も持ってきている人がいました。
(後者を持ってきたのは私。その本に取り上げられている方がこの会に参加するのを聞いていたので、同じグループならその本を紹介するつもりでした。)

『スティーブ・ジョブズ』は、本人公認の伝記。ビジネス書としてジョブズ氏の業績をたたえ、経営手腕を紹介する書籍は多数ありますが、本書はそれらとは一線を画しているようです。
本書にあるおもしろいエピソードとして取り上げてくれたのが、毎年1人選ばれる「ジョブズに立ち向かったで賞」の話。アップル社内で半分冗談でやっていたもののようですが、ジョブズ氏もむしろ楽しんでいたようです。
『発達障害に気づかない大人たち』。自分もADD(注意欠陥症候群)の兆候があるらしく、他人に比べて1つのことに集中できる時間が短いようには感じていますが、それでも社会人としてまっとうに生きられているので、個性の範囲内なのでしょう。
著者も、障害ではなく「能力のアンバランス」とみなすべきだ、と主張されているようです。
『町長選挙』は、芥川賞作家の奥田英朗氏による短編集。精神科医を主人公にしたもので、現実の事件をモチーフに、報道とは別の視点を与えてくれる読み方ができます。
表題作は、おそらく与那国か徳之島か、そのあたりの政争をモチーフとしているように思いますが、小説家ならではの切り口が楽しそうです。

今年も1年、ありがとうございました。
読書会、勉強会は、自分を成長させるのに有用な集まりだと思いますが、最近は開催も参加者も減り、下火になりつつあります。
どういう読書会が望まれているのか、自分が何か貢献できることはないか、そういったことも考えながら、来年も参加、あるいは主催をしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

[読書メモ]山梨広一『プロヴォカティブ・シンキング』

プロヴォカティブ・シンキング ―面白がる思考(山梨広一)

現役コンサルタントの発想法の著書で、問題解決の手法としての発想法を提示している1冊です。
タイトルにある「プロヴォカティブ」(provocative) とはあまり聞き慣れないことばですが、挑発的な、刺激的な、などの意味を持った英単語です。本書にもあるように、あまりよいイメージの言葉ではないがあえて使っている部分があります。副題の「面白がる」も、これ単独では誤解されてしまいそうですが、おもしろいことだけを恣意的に取り上げて発想することをよしとするわけではなく、あくまでも論理的に、かつ前向きにという考え方です。
「とがった発想で、常識ではなく理論で攻める」というのがプロヴォカティブ・シンキングの骨子にあたるのではないかといえます。

発想の方法を擬人化して、本書の目標であるプロヴォカティブ・シンキングを【面白がる君】、そのほかの典型的なパターンを【思いつき君】【堅実君】【ヒトマネ君】と分類しています。
自分がこれまで作って来たアイデアは、【思いつき君】のそれに近いかもしれません。アイデアの数は出せるのですが、その土台にある思想がなく、ただ新しいことをやりたいというだけで一貫性のないアイデアを思いつくままに展開していたといえます。
(もちろん、コピーライターの発想法やブレインストーミングの場などでは、とにかく思いつく限りのことを言葉にしていくというプロセスが必要で重要だということはあり、【思いつき君】の方法が一概に否定されるべきものではないと思いますが。)

どんな問題も「実現できる」と考え、常識の枠を取り払い、具体的な高い理想を掲げて、その理想の実現のために論理で詰めていく。そしてこの過程を【面白がる】。
もちろん簡単ではありません。本書にはその苦労はとりたてて書かれていませんが、前例や常識にとらわれた自分の発想をリセットする作業や、課題の実現に向けて論理的に考え抜く作業が要求されるため、【思いつき君】の発想レベルではとうていたどり着かないでしょう。方法だけではなく、心構えの部分から切り替えていく必要がありそうです。
とはいえ、与えられた課題をできないと考えるのではなく、「実現可能だ、そのためにはどうすればいいか」という立場から考えるように変えていくのは、プロヴォカティブ・シンキングの第一歩として大事なことですし、比較的実行しやすいのではないかと思いました。

今の勤め先はITベンチャー企業なのですが、今期(来年6月までの1年間)の売り上げ目標が前期の3~4割増しの数字に設定されました。今期の目標は自分としては無理かなと正直感じていたのですが、社長は「できる」と考えているようですし、専務はさらに2割増しの売り上げを目標にすると明言しています。
そして実際、その数字の達成に向けて全社が動いており、できると思うかどうかで、行動も成果も変わってくるのだと実感させられています。自分も考え方を変えて、何でもできると思って(言葉の上だけではなく、自分の本質的な部分でできると感じるようにする)積極的に取り組むことで、成果を上げていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

[読書メモ]畑村洋太郎『未曾有と想定外』

未曾有と想定外─東日本大震災に学ぶ(畑村洋太郎)

日本における失敗学、危険学の創設者である、畑村洋太郎さんの新著です。
今年3月11日に発生した東日本大震災において、大きな被害を出した、津波と原発事故について、失敗学や危険学の立場から見解を述べています。
本文にもありましたが、畑村氏は政府の原発事故調査委員会の委員長に任命され、委員長の立場では私的な見解を出すことは難しいため、就任前に本書を刊行した。そのため情報が必ずしも十分でない時点での見解も含まれているとのことです。

前半は津波について。「天災は忘れた頃にやってくる」ということわざがありますが、まさにその通りという事例もいくつか紹介されていました。三陸では今回と同規模かそれ以上の津波は何度か起こっており、低地に家を建てないような言い伝えも残されているのですが、その言い伝えを守ってきたところ、逆に津波の被害よりも利便性を優先させたところと、両方の事例があったようです。
また、科学技術の発展で、巨大な防潮堤など、人間が自然に真っ向から対立する形、自然災害を完全に食い止める形に向かっていったことで、いざ破られたときに被害が甚大になってしまった部分も指摘していました。かつて技術が未熟だった頃には、自然災害の被害が出るのはやむを得ないとして、被害を最小化するためにいなす、すかす方向だったのを、原題にも取り入れてはどうかという見解です。これはごく当然の考え方ではあるのですが、この地域には被害が出ます、といわれた住民にとっては納得できるものではないでしょうし、個別の視点で考えるとなかなか解決が難しいのではないかと感じます。

そして、原子力発電について。事故の前から、「絶対安全」か「即時廃止」かと、主張が両極端に振れやすい問題であり、お互いまともな議論ができないまま震災の日を迎えてしまったようにも思います。いわゆる原子力村の人々が、事故は起こりうるものとして、事故後の対策を検討できていたとすれば、反対派も事故が起こった場合の影響について、客観的なデータをもとに検証していたとすれば、そしてお互いが事故対策について議論のテーブルに着いていたとすれば、ここまでの被害にはならなかったのかもしれません。
「原子力村」として、組織論にも触れていましたが、組織が大きくなるのは、それに比例して大きな事業を実現させることができるという意味で非常に有用なのですが、組織の利益や空気を意識しすぎて、内側からの改革が機能しなくなるという側面もあります。自分はITベンチャー企業にいるので、比較的変化に柔軟な組織に属しているといえるのですが、それでもやはり社会や顧客のための行動と、会社の利益のための行動を天秤にかけることが起きてしまいます。組織が組織であるが故の、根本的な欠点ではあると思うのですが、どうにか改善できる方向に持って行ってほしいものです。

近い将来、東海・東南海・南海地震と呼ばれる、人口の集中する地域を襲う大地震が発生することが予測されています。最悪の場合、日本の中枢が機能しなくなる危険性があるわけで、その事態を避けるのか、避けられないとしても被害を最小限にとどめるために何ができるのか、そして自分自身は個人としてどうあるべきなのか、意識して行動したいと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

[読書メモ]成毛眞『日本人の9割に英語はいらない』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

[読書メモ]ジェフ・ジャービス『パブリック』

パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ(ジェフ・ジャービス)

先月(2011年11月)にソニータブレットを購入し、電子書籍を本格的に使い始めるようになりました。昨年、iPadアプリとして購入した『夏野流 脱ガラパゴスの思考法』を除けば、初めて電子書籍で購入した本の1冊となります。
当面は電子書籍で読書していくことになるかと思いますが、だからといって紙の書籍がダメになるわけではなく、適材適所で共存していくのでしょう。紙の書籍が大きく発展したのは、グーテンベルクの印刷機の発明を抜きにして語ることはできませんが、本書では別の視点から、グーテンベルクを取り上げています。

つまり、15世紀にグーテンベルクが印刷技術を発明したことで、情報の流れが大きく変わり、一度に多数の人々に情報を伝達することができるようになりました。その結果、ルネサンスと宗教改革という、中世ヨーロッパを大きく転換させる出来事につながったとしています。
そしてこの20年ほどのネットやウェブの進化は、情報インフラのあり方を変えたという点では、グーテンベルクに匹敵する変化だとしています。それまでの情報の送り手と受け手が固定化されていた状態から、情報の流れが双方向になり、誰もが多数に向けて情報を公開できるようになった。そこで何を公開して何を公開すべきでないのかが、改めて問われる時代となったというのが、本書の趣旨といえるでしょう。

あらゆる情報が公開され、共有されることで価値を生むというのは、なるほど一理あります。自分が今どこにいるのか、何を食べたか、何を買ったかなどを逐一公開することで、意外なところでのつながりや、価値のある情報が得られることもあるわけです。自分はそこまで公開することはありませんが、このレビュー自体「いつどんな本を読んだのか」の公開に他ならないわけで、やはりある一面ではパブリックであるといえます。
その反面、プライバシーの問題があり、自分のことをどこまでさらけ出すのか、どこまで知られてもよいのかは議論が続いています。ただ、これは多分に感覚的なもので、人によって知られたくない情報の範囲は異なるわけです。結局、公開するかどうかは個人の判断にならざるを得ないでしょうし、自分に都合の悪い情報だからといって隠せるわけでもない、というところに落ち着いてしまうでしょうか。

余談気味になりますが、ツイッターやブログなどの炎上事例が後を絶ちません。時代がパブリックを求めているわけですから、どんな情報も公開される可能性を持っています。そう考えれば、公開されて困る情報はそもそも存在させない、つまり「匿名だから」「自分のことなど誰も見ていないだろうから」という考えで安易なツイートやコメントをすることは避けるべきだということになります。
もっというと、他者に対し怒りやあざけりの感情を持たない、自分に起こったことを率直かつ客観的に受け入れるという態度が、パブリックの世の中でうまく暮らしていく秘訣になってくるわけですが、こうなると別の自己啓発ですね。

閑話休題。企業や社会、政府に対しても、パブリックなあり方というものが提案されています。組織の中で情報を閉ざすのではなく、完成していない製品やサービスの情報も積極的に公開して顧客や市民のフィードバックを得て、改善を重ねていくプロセスが望まれるということでした。
このプロセスは、ネットサービスでは多く行われていますが、近年では形のある製品や商材についても行われてきており、米国の自動車ベンチャーの事例が紹介されていました。日本でも、食品などの新商品開発でこういったプロセスを部分的に取り入れている事例はありますが、もっと多くの産業で取り入れられてもよいのではないかと感じました。

自分の凝り固まった頭では、著者のいうパブリックな社会というのが想像できないでいます。ですが時代は確実に情報を公開し、共有する方向に進んでおり、作者が言いたかったのはこういうことだったのかと、自分にも理解できる日が来るだろうと期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

[読書メモ]ちきりん『自分のアタマで考えよう』

自分のアタマで考えよう(ちきりん)

人気ブロガー、ちきりんさんの新著です。
タイトルにある「自分のアタマで考える」は、当たり前のようでいてなかなか実践できていないことです。新聞などマスメディアの情報を鵜呑みにしたり、自分の意見に合う情報だけを選択的に信用したり、自分で考えているつもりでいても実はそうではないというパターンは少なくありません。
ただ、自分のアタマで考えるとはどういうことなのか、人によって解釈が違うと思います。作者がどのように考えているのか、著書の中でどのように主張しているのかも気になりましたので、その視点でも読んでみました。

著者のいう「考える」ことの中で、自分にできていないこと、そして自分にとって最も耳の痛い指摘であったのは、考えるとは「結論を出す」こと。その結論が正しいかどうかはさておき、結論を出せていないのなら考えていないのだという主張は納得できるものでした。
自分も結論を出せるところまで考えが至っていないことも多く、まだまだ成長の余地があるようです。
常識や世間の空気、マスメディアの主張といった、正しいとされていることに対して正面から挑戦し、やっぱり違うんじゃないの、と自分の主張を持つことも大事です。自分は毎朝通勤の途中で日経新聞を読み、気になった記事へのコメントをツイートしています。新聞も人間が作っているものであり、決して絶対的な正ではない(もちろん、全てが誤っているわけでもない)ので、記事や主張に対してツッコミを入れるつもりで読んでいることと、つながってきているのかなと思います。

前半は考え方のツールとして、MECE(漏れなく、重なりなく)やWhy-so/So-what(なぜそうなるのか、そうなればどうなるのか)などの方法論を提示し、考えるにあたって必要なことを示しています。このあたりのことは企画のやり方の書籍などでは必ずといっていいほどよく紹介されていますが、もっとわかりやすくかみ砕いて説明されているように思いました。
後半は少子化や自殺者数増加といった現在の日本における社会問題を取り上げ、メディアや有識者の意見ではない、自分の考えでどのような結論を出すかのワークとなっています。ちきりんさん自身の見解も出ていますが、それに乗っかったり批判したりするだけでは、冒頭に書いたとおり考えているとはいえず、やはり自分なりの答えが必要な部分でしょう。

「考える」というのは、実は非常に難しい行為ではないかと感じます。というのも、世間が自分なりの結論を出すことをよしとしない風潮にあり、空気を読むべきだとか、間違いは認めない(責任を取らせる)だとか、考えること自体がリスクとなっていますし、リスクと責任を避けるために考えないほうがよい、ということになってしまっています。
誤りを非難するよりも、必要な情報を集めて自分なりの結論を出したことと、そのプロセスに対して高い評価がなされる社会になってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

[読書メモ]海老根智仁『会社を替えても、あなたは変わらない』

会社を替えても、あなたは変わらない(海老根智仁)

2か月ほど前に、勤め先の朝礼で社長が紹介してくださった本です。先月から出向勤務となり、本社で開かれる朝礼には参加できないのですが、毎朝有意義な情報が見つけられる時間でした。
朝礼では当番も持ち回りでスピーチを行い、そのときにも書籍が紹介されることがあります。私もスピーチのネタとして、本を紹介することも何度かやりました。

この書籍のタイトル、2つの意味に取れるかと思います。ひとつは「人の本質は勤め先などの肩書きには左右されない」、もう一つは「変化を求めるなら環境を変えるだけでは不十分だ」という主張です。この書籍は後者の主張で記述されています。
この主張は自分にとっても耳の痛い話です。自分も2度転職しており、「自分を成長させてくれるところで仕事をしたい」と感じていた時期もありました。ですが肝心の自分がふらふらしていては、あるいは受け身で成長を待っていては、どこに勤めたとしても結果はそう変わらないと感じるようになってきました。

自分の成長を確かなものとするために、何をすればよいか。
その疑問に答える前に、まず会社の事業計画の立て方を説明しています。

SWOT分析やポジショニングマップ、マーケティングの4Pなど、経営学ではおなじみの図や概念と、実例に基づいた適用を行っていきます。その中で例示された会社の幹となる経営理念を明確にし、幹をより太く、強くするためにどのような事業計画をたてるべきか、という話の進め方になります。
この方向で話を進めれば、この本は経営学の入門書となりますが、この本の本質は経営学の概説ではありません。

ここで先の疑問の答えになりますが、会社の成長と同じ方法で、個人を成長させることができる、というのがこの本の主張です。つまり、先に挙げた事業計画の立て方を個人に適用させることで、個人の成長戦略を練ることができるわけです。
この考え方は自分にはなかったので、目から鱗の思いでした。

まだまとまっていませんが、自分の強み弱みを書き出して、エンジニアとしてどのような立ち位置に自分を置くのか、そして自分をどのように売り込み、成長させていくのかを考えていくことができそうです。
強みのところだけ出してみると、スピード感、基礎知識、責任感。(あと、いじられキャラというのがありますが、これは強みでしょうか?)弱みのほうは、仕事の粗さ、記憶しないこと、技術スキル不足、モチベーションた上がらないことなど。これに環境要因を組み合わせてSWOT分析を行えば、自分ドメイン、自分オペレーションと本書に書かれている、成長戦略が具体性を持って現れてくるものと思います。

これを作るのは来年の早いうちに。そして来年の成長目標を作っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

[勉強会]2011/12/3 読書朝食会Reading-Lab首都圏版

○コミュニティ名:読書朝食会Reading-Lab首都圏版
○名称:12/3 (土)渋谷ロクシタンカフェ 10時~
○日時:2011年12月3日 10時00分~11時30分
○場所:渋谷ロクシタンカフェGoogleマップ
○参加者:6名

11月が全く読書会に参加できなかったので、1か月以上ぶりの勉強会ブログ更新となります。
仕事の関係で、ずっと土曜日も参加できるかどうかわからない状態が続いており、今回も直前になってまだ空きのあった読書会に滑り込みました。
会場は渋谷のロクシタンカフェ。初めて行きましたが非常に雰囲気のいいお店で、ひとりで文庫本を読みながら時間を過ごすのに、ちょうどいい感じです。これで価格がもう少しリーズナブルならいうことないのですが。

参加者は6人ですが、みなさんひとりで2冊3冊と紹介されていました。1冊だけだったのは自分だけだったような。
とりあえず列挙します。ビジネス書、小説、マンガ、実用書とジャンルも幅広くなっていました。

・佐藤優、中村うさぎ『聖書を語る―宗教は震災後の日本を救えるか
・小泉吉宏『まろ、ん?―大掴源氏物語
・エリザベス・キューブラー・ロス『人生は廻る輪のように
・中野民夫、堀公俊『対話する力―ファシリテーター23の問い
・福島正伸『リーダーになる人の たった1つの習慣
・森憲一『アルバイトも熱狂して働き出す ドラマティック★マネジメント
・植西聰『「折れない心」をつくるたった1つの習慣
・森絵都『風に舞いあがるビニールシート
・ヴァージニア・ウルフ『オーランドー
・桐野夏生『グロテスク
・小松易『たった1分で人生が変わる 片づけの習慣
・青桐ナツ『flat』<コミック>
・リディア・アリックス・フィリンガム『フーコー
・浜内千波『浜内千波の21時からの遅ごはん

私はこの間のブログに書いた話も含めて、『「折れない心」をつくるたった1つの習慣』を紹介しました。参加の6名中、男性3名が全員システムエンジニアの仕事をしており、現場常駐のことも説明しやすかったです。
読書メモとの重複になりますが、失敗を客観的にとらえられたこと、取り返すチャンスを与えられたこと、そして心が折れる行動を取らなかったことが、自分が大失敗をしたにもかかわらず、心が折れずにすんだ理由だということも、自分の経験を含めて紹介しました。

ほかの方の紹介では、同じ「たった1つの習慣」ですが、『リーダーになる人の たった1つの習慣』が気になりました。紹介された方がファミレスの店長をつとめたことがあり、自分の理想に向かって店を作ろうとした結果、スタッフのことを置いてきぼりにして叱ったという経験も話してくれました。みなさんいろいろと苦労されていますし、そういった経験を聞かせてくれるのは自分にとっても糧になります。

また、『片づけの習慣』の紹介の流れで、エッセイストの上原愛加さんの話が出てきました。若い女性に人気の作家なのですが、話を聞いた範囲だけでもいいことを書かれているように思いました。
「女の子はみんなプリンセス」のノリですから、男性陣はついて行けない部分もあるのですが、中身は非常に前向きですし、男性にも参考になります。夢を書き留めていく、身近ないいことを見つける、そういった諸々のことは、堅い自己啓発の書籍にも多く書かれており、言い方を変えて若い女性にも伝えていっているんだ、と感じました。

久しぶりの読書会参加で、また多種多様な書籍を紹介していただき、非常に参考になりました。ここからいくつかの本を自分も買ってみて、紹介する機会があるかもしれません。
読書会がいいと思うのは、参加した皆さんが気に入った本を紹介してくれることです。自分の知らないジャンルの本が出てきますし、宣伝で紹介するわけではないので、買って損をすることもほとんどありません。
今年の残りと来年以降も、読書会を有効に活用して、自分のさらなる成長につなげていきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

[読書メモ]勝間和代『まじめの罠』

まじめの罠(勝間和代)

勝間和代さんの最新刊です。電車のデジタルサイネージ(車内動画モニター)広告にも出ていて気になったので、購入してみました。
勝間さんの本を読んだのは、『7つのフレームワーク力』以来ですから、かなり久しぶりになります。2年前には時代を代表する作家と呼ばれ、翌年には強いバッシングを受けた勝間さんですが、そういった出来事が作風にも影響が出ているように感じました。もう少し切れ味の鋭い文章を書かれる方だと思っていましたが、読者の目を意識しすぎて、筆が鈍っているように思います。以前のフレームワーク思考を捨てたわけではないのでしょうが、当時のように明快で前向きな文章を期待しています。

本書ですが、前半は現代日本の問題点を分析し、「まじめ」であることが根本の原因だとしています。ただ、この「まじめ」という言葉が、ポジティブな言葉をあえてネガティブに使っているわけで、やはり違和感があります。ちょっと説明的になってしまいますが、「リスク回避」「責任回避」などの表現のほうが、著者の意図は伝わりやすかったのではないかと感じました。

残念なことではありますが、現在の日本ではリスクを極端に忌避し、責任から逃れようとする傾向が強くあります。それは政治家や経営者といった国を動かせる立場の人たちだけではなく、私たち一人一人にこそ、リスク回避の意識が高いのではないかと思います。その結果、自分が責任を取れる範囲だけで生活し、責任を取れない部分は他者を批判して責任を押しつける構図が、日本の至る所で見られるようになったわけです。
また、「何も、誰も信頼できない」という意識も高まっているように思います。そして、自分自身も信頼できない対象に含まれてしまっているため、不信感が自らを成長させていく方向ではなく、新たに信頼できる何かを求めて迷走する方向に進んでいます。勝手に期待して持ち上げ、期待が損なわれるとハシゴを外すことが、これからも繰り返されるのでしょう。

この本の読み方としては、「勝間が書いた」という批判的な意識を捨てて、中立の気持ちで第4章(「まじめの罠」に対する処方箋)の内容を、自分の思考や行動と比較してみるのが一つの方法だろうと思います。本書で言う「まじめ」、私がここで書いている「責任回避」は、自分で考えず他人に判断を委ねることがその特徴となりますから、自分の価値基準を持っているのか、それは本当に自分の価値基準なのか、といったところに考えが巡るかと思います。
もちろん、私自身も自分の軸がきちんとしているわけではなく、時としてぶれたり、流されたりすることはあるわけですが、自分の基準で物事を判断して行動し、その結果を受け入れるという態度でありたいと常に考えています。
そういう考え方が、本来「まじめ」といわれたものではなかったでしょうか。本書で言う「まじめ」という表現に、個人的に違和感を持つのは、そのためなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »