« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

[読書メモ]エドワード・ヨードン『デスマーチ』

デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか(エドワード・ヨードン)

もはやシステム開発の世界では、日常語となっているデスマーチ。
プロジェクトがデスマーチに陥る理由は、かなり簡単に説明できるかと思います。つまり、プロジェクトの価格が開発費用によって決められ、開発費用は大半が人件費であり、人件費は(人月単価)×(人数)×(期間)ですから、人数と期間を削減することでプロジェクトの価格を抑える構造になっているから、となります。
人月単価も抑えられ、いくら働いても収入が増えず、生産性(収入を勤務時間で割ったものです)が上がらないという構造にもなっています。

デスマーチを避ける最善の策は、会社を退職してでもそのプロジェクトから離れること、とのことでした。ところが別のところでは、どんなプロジェクトもデスマーチになる、としており、これだとシステム開発に携わる限りはデスマーチから抜け出せない、となってしまいそうです。
そしてデスマーチがあるのはシステム開発だけではなく、アニメーション制作などのコンテンツビジネスも同様の構造を抱えているという話ですし、医療や介護の世界も職務に見合った報酬が与えられていないと聞きます。

システム開発に絞って書きますが、プロジェクトがデスマーチになるのは、プロジェクトマネージャが無能だからでも、営業や上層部が分からず屋だからでもなく(もちろんそういう点があることは否定しませんが)、それ以外の部分に原因があることも多いと思います。
まず、開発者側の工数見積もりに対する姿勢が、あまり適切とはいえないでしょう。与えられたタスクが技術的に困難を伴う場合、うまくいけば一瞬、ダメなら1か月でもできないということもあるわけですが、それにしても見積もりを極端に安全側に振ったり、そもそも正確な見積もりを最初から諦めて、意味のある見積もりを出してこなかったツケが回ってきている部分もあるかと思います。
また、システム開発の適正価格が定められておらず、開発者側から見れば自分の成果が給料に見合っているのかどうかが見えない、という事情もあるでしょう。これは開発者のモチベーションにつながりますが、あまり考慮されていないように思います。本来ならシステムの価格は(機能単価)×(機能数)×(難易度の補正)といった形で決まるべきかと思いますが、顧客や競合他社との提示額を見ながら、契約が取れるような価格で決められてしまうのが痛いところです。

本書で特徴的なのが、「トリアージ」という概念。工数が限られてしまっているため、要件を見直して必要性の低い機能を捨てる、という考え方です。
米国は契約社会で、日本は根がまじめだから、両国の開発者とも与えられた要件はすべて実装すべきと考えてしまうのでしょう。ですが本来は、開発者がプロジェクトにもっと口を出して、これはできる、これは間に合わない、といったことをきちんと主張するべきなのだと考えます。
米国の事情をもとにしているので、日本の開発環境とは異なる部分もありますが、システム開発がデスマーチに陥りやすいのはどこでも同じです。開発者が自分の仕事に自信と誇りを持ち、自分の能力と与えられたタスクを客観的に判断して、予定の工数では何がどこまでできるのかを率直に主張することが、求められているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

[読書メモ]G. ポリア『いかにして問題をとくか』

いかにして問題をとくか(G. ポリア)

数学の初学者が問題を解くにあたって、何に留意するべきかをまとめた一冊です。初版が出版されてから、すでに半世紀以上たっていますが、現在もなお古典の名著として評価され、昨年にはNHKでも取り上げられたそうです。
たんに数学の解説書として読むのではなく、ビジネスの場において眼前に現れた様々な問題を、どのようにして解決するかのヒントにもなりますし、むしろそのように読んでいくほうが私たちのためになるのではないでしょうか。

とりあげられている問題は、理数系の高校で出題されるような、幾何や代数の問題が多く、具体的な値や式を求める「決定問題」と、与えられた命題が正しいことを示す「証明問題」に分けられます。
いずれの問題も、
(1)まず問題を理解し、所与の条件、前提、定義と求めるべき未知のものが何であるかを明確にする。
(2)解答の方針を検討し、既知の問題に類推させたり、より簡単な問題に分割したりできないかを考える。
(3)検討した方針に沿って解答する。
(4)求まった解答を一般化、あるいは特殊化するなどして、正しいかどうかを検討(見直し)する。
といった流れで解を求めることができます。

実際のビジネスにあっても、問題の全貌がつかめなかったり大きすぎたりして立ちすくんでしまうことは少なくありません。まず何がわかっていて何をしなければならないのか(問題を理解する)、どこから手を付けていけばいいのか(解答の方針を検討する)、といった手順を踏まないでいきなり手を動かそうとしてしまうため、方向も距離感も失ってしまう、というのはよくあります。
(こうなったときは、ひとりで悩まず上司に相談、叱られながら手順を教えてもらう、というのが定番なのですが。)

数学とビジネスの問題の違いは、前者は(解がない、あるいは命題が偽であることが証明できる、という場合も含めて)解答が必ず存在するのに対し、後者は多くの場合正解のない問題に対して、より適切なもの(場合によっては、あらゆる選択肢が不適切だが、より不適切の度合いが小さいもの)を選ばないといけないということがあげられます。
また、数学の問題はすべての場面において論理的ですが、現実社会の問題は非論理的、あるいは感情的な要素が多分に含まれ、論理的に適切な解でも実行できないということもありえます。そういった困難はありますが、私たちが日常で直面する問題への取り組み方として、数学的アプローチは十分に意味があると考えます。
数学的アプローチの「計画→実行→見直し」。どこかで見た話だと思いましたが、いわゆるPDCサイクルそのもの。そう考えると、差異はあれど、日常の問題で数学的アプローチを使わない理由がないと思えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

[勉強会]2012/03/25 新聞記事で朝食会@永田町

○コミュニティ名:新聞記事で朝食会~Let's朝活~
○名称:3/25 新聞記事で朝食会@永田町
○日時:2012年3月25日 10時00分~12時00分
○場所:エクセルシオールカフェ 永田町店Googleマップ
○参加者:6名

飛び入り参加の人も含め、定員いっぱいの6名で開催できました。
新聞朝食会に初参加という方もいましたし、非常にいい感じで時間を過ごせました。
例によって自分の進行は周囲任せというか雰囲気任せなのですが、今回はそれがうまくいった感じがします。

今回取り上げた話題は1人1つ、ですので全部で6個のテーマになります。
原発も消費税もTPPも出てこない、それでもバラエティに富んだテーマが出ています。皆さんがいろいろな視野で、いろいろなものを見ているということですね。

・次世代テレビ ネット接続に活路(3/25産経)
売れ行き不調、価格急落のテレビ。家電メーカー各社はネット接続をにらんだ商品展開を模索。
・日本企業 世界で勝ち残るには(3/25日経「日曜に考える」)
各地域の文化に応じた商品、サービスの展開が急務。読者アンケートでは4人に3人が「勝ち残れる」と回答。
・不思議の国はどこへ行く フランス大統領選への視点(3/25日経「日曜に考える」)
フランス革命以降、「共和制」の理念を維持する同国も、リーマンショック以降は世界の普通の国に近づきつつあるようだ。
・植物工場 天候の影響なく(3/25日経「日曜に考える」)
東日本大震災の津波による塩害に悩む地域に、葉物野菜の植物工場が福音となるか。
・重曹で汚れがなぜ落ちる?(朝日「Do科学」)
連載漫画のキャラクター「ののちゃん」と先生のやりとり。重曹(炭酸水素ナトリウム)の弱アルカリ性と粒の研磨効果が汚れに有効。
・埼玉県・国際観光アニメ「The Four Seasons」(3/25埼玉「サイタマニア」)
埼玉を舞台としたアニメは多く、ついに県みずからアニメによる町おこしに着手。インターネットで公開予定。

テレビのネット接続対応ですが、これが売れ行きにつながるかというと、正直厳しいだろうと思っています。2010年末にエコポイント特需があり、そこから買い換える人はまだ出てこないでしょうし、ネット端末がテレビである必要性も、今のところは見いだせません。
たとえば、全国各地域の番組をオンデマンドで見せるテレビなら、物欲の神は降りてくるかもしれませんが、そういう見込みもありませんし。

出勤時に日経新聞を読んでいますが、もともとは理系の学部を出てITエンジニアをやっているので、科学的な話題には食いつきます。
重曹の話題のときに、擬人化した元素周期表を見せてもらったので、そこから未発見元素の話題など、いろいろ脱線させてしまいました。ちなみに名前のついていない113番元素は、日本で合成、発見されたため「ジャポニウム」という名前もありうるとか。

自分は例によって、サイタマニアからアニメの話題を持って行きましたが、当面はサブカルなど「ゆるい」話題担当でいこうと思っています(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

[勉強会]2012/03/20 書店内カフェで読書会@大宮

○コミュニティ名:本を共に読んで活かす会@大宮
○名称:3/20(祝) 書店内カフェで読書会@大宮
○日時:2012年3月20日 10時10分~12時00分
○場所:ブックス&カフェ UCC そごう大宮店Googleマップ
○参加者:4名

久々に読書会を開催しました。
(先月川口で開催を予定していたのですが、参加者を確保できず流会。)
今回の参加者が全員、過去の読書会や勉強会で一緒になった人で、やはりかつての読書会ブームから、注目度が一段落してきたかなという感じはします。
個人的には、新しい人にどんどん参加してほしいんですけど、これまで読書会に触れたことのない人へのアプローチが難しいところです。

さて、今回は以下の本が紹介されました。

・ソニア・リュボミアスキー『幸せがずっと続く12の行動習慣
・内藤忍『いつも忙しい 時間貧乏をやめる7つの方法
・加藤嘉一『われ日本海の橋とならん
・林寧彦『歴史を動かしたプレゼン
・天野暢子『プレゼンはテレビに学べ!
・ちきりん『自分のアタマで考えよう

プレゼンの2冊を紹介された方は、実際にiPadにプレゼン資料を用意していて、プレゼンの形で紹介してくださいました。
自分も、テーマ本や雑誌があるときはプレゼン資料を準備したことはありますが、持ち寄り型の読書会でもできるんだな、と感心しました。

毎回、自分の司会のつたなさを感じるのですが、今回はとくに、みなさんのお話に助けられたように思います。
場をつくって、お気に入りの書籍を紹介しあって、意見をシェアする。それだけでも十分なのかもしれませんが、自分なりのやり方を持っておきたいですね。
「書店で読書会をする」というのがこの読書会のコンセプトですが、それだけでは弱い気がします。何かプラスアルファがほしいところ。

この後ランチをとりながら話をしていたのですが、「図書館で読書会」というアイデアが出てきました。館内にある開架の書籍をその場で探して、30分や1時間後に集まって紹介しあう、というイメージです。
その図書館のカードを作って紹介する本を借りるか、館内に開架の書籍を持ち込める会議スペースかカフェのある図書館を探すかしないといけないので、ちょっとハードルが高いですが、おもしろそうです。
(自分が参加しているコミュニティで、実際に図書館読書会を行っているところがありました。感想トピックでは新鮮だという意見が出ていますね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

[読書メモ]トム・デマルコ他『ピープルウエア』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

[読書メモ]佐藤孝幸『仕事と勉強を両立させる時間術』

仕事と勉強を両立させる時間術(佐藤孝幸)

資格取得のための(と特化してはいけないかもしれませんが)時間術、ノート術、勉強法を中心に、仕事や勉強を効率よくするための意識づけができる本です。
自分もそれなりに資格を取っているほうですが、本職はIT関連のシステム開発者で、資格が必要な業務ではありません。なので資格に対する意識の甘さは出てしまいますし、そうなることは避けられないと思いますが、勉強法のいくつかは参考になりました。

まず、過去問を参考にすること。実際の試験問題ですから、出題のレベルや分量、出題者の意図など、合格するために必要な情報が詰まっています。参考書で基礎を固めるのは、出題を見てからでも遅くない、ということです。
それからノートの取り方ですが、独学のときは自分もノートを取りませんし、参考書にマークすることもありません。そもそも筆記用具を持たないです。問題を解いて自分で考えるのが、自分では一番記憶に残る方法だと感じていますし、マークやノートで思考のリズムが乱されるのが嫌なので。
ただ、簿記の資格をとるのに専門学校に通っていたときには、授業中ノートを付けていました。といっても、板書をそのまま写したり、講師の方が教科書にマークを付けるように支持したところをそのまま付けるのではなく、講義の中で自分が必要だと感じたことをノートにとっていくやり方でした。
参考書のマークは、意味がないと思っています。参考書には必要なことしか書いていないのですから、全箇所にマークすることになってしまうわけで。実際そんな感じに、参考書をマークだらけにしている人もいるようですが、全部覚えるつもりなのかなあと思うわけです。

印象に残ったのは、失敗を記録するという方法。
どういう失敗をしたのか、なぜ失敗という結果になったのか、どうすれば防げたか、繰り返さないで済むか、そういったことを考えるのは苦手で、どうしても逃げてしまいます。自分の失敗に正面から向き合い、常に改善していく心構えを、自分はどれだけ持てているでしょうか。
これについては、自分も参考にしていきたいと思いました。
もちろん、自分の失敗を殊更に大きく取り上げ、ネガティブになってしまうのはよくないのですが、失敗から何も学ばず、同じミスを繰り返すようではもっとまずいわけです。本書では失敗ノートについてはあまり踏みこんでいませんでしたが、もう少し深く書かれたものを読んでみたくなりました。

正直なところ、全体的にストイックに過ぎて、本書のとおりにやってしまうと人間関係など別のところに支障が出るかもしれない、と感じます。
著者も頭はいいのかもしれませんが、あまり一緒に仕事をしたいとは思わなかったです。同僚や顧客からの信頼感を得るには、また別のアプローチが必要ではないかとも思いました。
とはいえ、いくつかの部分は参考になりますし、自分を高めるためには現状に甘えていてはいけないと感じさせられる一冊でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

[読書メモ]井上明人『ゲーミフィケーション』

ゲーミフィケーション―がビジネスを変える(井上明人)

ゲーミフィケーション。「遊戯化」などと漢訳してしまうと少し意味が変わってしまうかもしれませんが、横文字よりも漢字のほうが、字面である程度の意味がわかるような気がします。つまりは日常生活の何らかの場面にゲームの要素を取り入れ、楽しみながら何かをしていくということで、実際には昔からあった考え方だと思います。
たとえばビジネスの場において、会議で使うために資料を何十部もコピーしないといけない。単純作業ですが、「どうすれば早くコピーがとれるか」と考えながらいろいろな方法を試して、実際に所要時間の記録を取っていくと、単純作業だったはずが記録更新のためのチャレンジに変わってしまいます。

そういった昔からの話が、なぜ今「ゲーミフィケーション」という言葉を与えられ、注目されているかというと、ソーシャルメディアの発達が重要な役割を果たしているからだということになるのでしょう。
本書の最初に書かれている事例は、作者自身が関わった、節電ゲームです。ちょうど1年前(本レビューの執筆が2012年3月11日)、東日本大震災の被害を受けて電力需給が逼迫し、関東では輪番停電が実施される事態となりました。そのことから節電意識が高まったのですが、「どれだけ節電できるのか」をゲーム化し、ツイッターを用いて節電寮を競わせることを実行しています。
同様の事例がツイッターなどのソーシャルメディアと、スマートフォンアプリで広まったことで、これまで個人や仲間内で行われていた日常のゲーム化が、「ゲーミフィケーション」に進化したといえるわけです。

ゲーミフィケーションは、日常の様々な活動にモチベーションを与えます。たとえば、モチベーションを感じて自立的に仕事に取り組める状況は理想的ですが、実際にはなかなかうまくはいきません。与えられたタスクをこなすのにゲームの要素を加えることで、自主的に取り組むことができるようになりますし、よりよい方法を見つけ出すことにもつながるでしょう。仕事はつらいものであり、我慢して取り組むものだという考え方は、すでに古いものとなっているといえます。
ただし、ゲーミフィケーションはゲームではないので、ゲームが目的となってしまうのは本末転倒。あくまでも日常の活動を楽しみながら行うことが目的なので、その仕組み作りには注意が必要だと感じます。

また、ゲームではないとはいえ、ゲーミフィケーションにおけるゲームバランスは非常に重要で、バランスが崩れてしまうとゲーミフィケーションが成り立たなくなってしまいます。難しすぎたり、特定の行動だけが有利になったり、特定の人だけが有利になったりすると、もはやモチベーションにはなりません。
個人や内輪でやっているときにはバランスの調整が簡単でしたが、ソーシャルになると途中でルールを変えるのは困難で、最初のバランスの設計が重要な課題になってきます(といいつつ、ルールの隙間をつく裏技が発見され、運営側が穴をふさぐといういたちごっこになってしまいがちなのですが)。

ゲーミフィケーションは、これからいろいろな分野に広まっていくでしょう。どうせやるなら楽しくやりたいし、ソーシャルメディアで個人間のネットワークが広がりましたから、何をするのにも対戦相手が見つかりやすい状況が生まれています。
それを、「ふざけている」「不真面目だ」と批判するのは筋が違う。どんな行動であっても、誰しも熟練し、成長したいと考えているはず。そのための目標設定は当然のことであり、設定した目標(=ゴール)にいかにたどり着くか、というのは、ゲームの要素に他ならないのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

[読書メモ]平野敦士カール『パーソナル・プラットフォーム戦略』

パーソナル・プラットフォーム戦略(平野敦士カール)

平野さんの本を最初に読んだのは、自分が前の会社を辞める直前(2010年11月)だったと記憶しています。『たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考』だったと思いますが、この本にもおサイフケータイのことも書かれており、本書のベースとなったものだったかと思います。
そのときの感想は、今も同じように感じているのですが、自分には難しそうだ、ということでした。自分の場合、周囲とのコミュニケーションを取るのがあまり得意ではなく、他者を「巻き込む力」が足りていないので、この人のようにはいかないだろうと思いましたし、うまく巻き込んでもらえればラッキーなのかなという感じです。

なので、どうすればそのような立ち位置に行けるのか、自分では全くわかっていないし、本書を読んでもなかなかぴんときませんでした。
読書会や勉強会の主催は何度かしているけれど、それが仕事の役に立っているかというと、かなり微妙。趣味として読書会に参加しているという部分があり、仕事に結びつけようという意識がないからかもしれませんし、主催はするけれどそれ以上の価値を提供していないからかもしれません。あるいは、仕事に結びつけた形での勉強会をやっていないからでしょうか。
個人的には、勉強会や読書会は、趣味的に、あるいは自己啓発として行うものであって、仕事に役立てようと下心を持って参加すると、かえってうまくいかないのではないかとも思っています(そういう考えが勉強会と仕事を切り離してしまうのかもしれませんが)。

ただ、正直、気になったことを。
おサイフケータイにせよ、iDにせよ、平野さんが自分の手柄として語れることなのでしょうか。たしかに、実現させたいという強い意志を持ち、いくつもの障害を乗り越えながら、多くの人の力によって実現させたのは間違いないかと思います。その過程で平野さんが果たした役割というのがどれくらい大きいのか、本書にあるとおりだとしても実際よくわからない、と感じてしまいます。
とはいえ、それは、プラットフォーム戦略というのは表に出てこない部分だから、ということができるのでしょう。自分目標や夢を強く持ち、ひとりでも多くの人にそれを伝えることによって賛同者を集め、仲間を増やしていく。実際に旗を振ったり最前線に出てくれる人は自分ではなくても、自分の思いを共有してくれているので、物事は進みやすい。平野さんも自分が行ったことを文章にしていますが、決して自分の手柄とは思っていないかもしれません。みんなで作り上げたものであり、みんながいて初めて実現できたのだと、そういった感謝の気持ちがあってこそのプラットフォーム戦略ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

[PR][読書メモ]岸本知子『三十路のエレクトーン』

■三十路のエレクトーン(岸本知子)

電子書籍です。そして、自費出版です。
なぜこれを取り上げたかというと、著者が私の身内(妻です)、出版社が私の勤め先ということで、自分からも紹介していろいろな人にこの作品やサービスを知ってもらいたい、というところは当然あります。
ようは宣伝ですね。最近ではステマとも言うようです(あからさますぎてステルスになっていないけれど)。

電子書籍という形でインディーズの著者を発掘するサービスとして、弊社が「inko」というサービスを立ち上げました。iOSとAndroidのそれぞれに対応したアプリで、App Store(iTunes Store)およびGoogle Play(旧Android Market)からダウンロードできます。

昨年の秋に始まったサービスで、妻にこの話をしたら、非常に興味を持ってくれました。高校で漫画部に所属し、エッセイなどを書いていた文学少女の血が騒いだようで、自分も出したい、と私の予想を遙かに超える反応でした。
すぐに社内の編集担当につないで、出版までの流れについて説明してもらい、その後は昼夜をとわず原稿と向かい合う毎日だったようです。元漫画部ということで、エッセイと漫画を組み合わせた構成になっています。
ちなみに妻自身、購入方法を説明したドキュメントを作っていますが、これも漫画での説明だったりします。

ビジネス書や自己啓発書ではないので、仕事や自己の成長に役立てるような読み方をするのはちょっと違うのかもしれませんが、あえてそういうところを探すとすれば、下巻の長子の話がそれにあたるでしょうか。
たしかに自分も、長子(弟がいます)だからかどうかはわかりませんが、上司や先輩の話は素直に聞いてしまうほうです。でもそれは、自分が質問をしたり意見を求めたりするときに、自分の考えを十分に練っていたわけではないので、自分の考えに自信がない、もっというと何も考えていないからそのまま他人の言うことを受け入れてしまう、という部分はあるだろうと感じています。
年齢や経験から、いつまでもそうしているわけにも行かず、自分の考えで物事を動かせるようになっていかなければならないので、考えに自信が持てない、あるいは考えないというのは自分の欠点になってしまっているし、改善したいところです。
「俺はクリエイティブな仕事しとるさかい、上からの指示に従っとるだけじゃ、ええ仕事はでけへん」
……うーん、自分のセリフとは思えませんね。恥ずかしいです。関西弁なのも含めて。

そして最終章の「あこがれダム」、妻のほうが自分よりも考えて生きていますね。
本書のテーマであるエレクトーンの演奏も、そして執筆と出版も、十何年も前からやりたいと思い続けて、思い続けて、あるタイミングで実現したときにその思いが爆発する、そんな心のありようが伝わってくる文章です。
時間やお金やその他諸々の理由で、やりたくてもやれないことというのは誰にでもあるかと思います。でもそこで諦めないで、やりたいという気持ちを常に持ち続けていれば、小さなチャンスでもものにできるし、向こうからチャンスが飛び込んでくることにも気づけるのでしょう。
自分が本当にやりたかったことは何か、私自身見失いつつあります。何か大きな夢や目標があったはずなので、そこに立ち戻って、自分の生き方を見つめ直してみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »