« [読書メモ]楠木建『ストーリーとしての競争戦略』 | トップページ | [読書メモ]中森勇人『心が折れそうなビジネスマンが読む本』 »

2012年7月30日 (月)

[読書メモ]林寧彦『歴史を動かしたプレゼン』

20120730_歴史を動かしたプレゼン(林寧彦)

コロンブス、豊臣秀吉、大黒屋光太夫、クーベルタン男爵の4人を取り上げ、彼らが成し遂げた歴史的偉業においてどのような「プレゼン」をしていたか、という切り口で分析しています。

豊臣秀吉の章では、清洲会議での柴田勝家との議論を取り上げ、本能寺の変で討たれた織田信長の後継者として三男の信孝を擁する勝家と、信長の嫡孫にあたる三法師(のちの秀信)を支持する秀吉の間での主張の違いをまとめています。
秀吉は「織田家の後継者としての血筋」を前面に出して議論を自分の土俵にひきずりこみ、事前の根回しもされていたといわれています。「主君としてもっとも能力が高い人物」を選ぼうとしていた勝家は、正面突破を図ろうとして肩すかしを食らい、思うような議論をできなかったとといったところでしょうか。
プレゼンでも議論でもその先の実際の商活動でも、自分の土俵で勝負する、というのは大きな意味を持ちます。フェアでないと考えるかもしれませんが、自分に有利なように状況を設定することも、技術のひとつと言えるかと思います。清洲会議においては、秀吉が一枚上手だったということができるでしょう。

これを書いている現在(2012年7月)、ロンドン五輪が開催されていますが、近代五輪を提唱したクーベルタン男爵のプレゼンも取り上げられています。
19世紀末は欧州にオリエントブームが来ていたとはいえ、さすがに荒唐無稽な提案と思われたようで、最初のプレゼンは失敗に終わっています。しかしそこからの再チャレンジでは、場を作り雰囲気を作って、まさしく自分の土俵に周囲を巻き込んで実現にこぎ着けました。
その理念は、世界中の選手が参加する国際スポーツ大会。五輪憲章では「より速く、より高く、より強く」とスポーツの側面だけが、ロゴである五輪マークには世界を示す5つの円がつながっているイメージだけが描かれ、その他のものは削ぎ落とされていることにも言及されています。プレゼンでどこまで提案されたかはわかりませんが、ごてごてといろいろな要素を足して総花的にするのではなく、コアを示すためにそれ以外のものは思い切って切り捨てるのも、プレゼン技術として必要なことです。

プレゼンというのは自分が社会人になってから、俄然注目された領域だと思います(1996年頃から。主観ですので、違っていたらすみません)。ですが実際には多くの人が、それがプレゼン技術だという認識はなく良質のプレゼンを編み出していたといえます。本書に取り上げられていない事例も探せばいくつでも見つかりそうですし、逆にプレゼンで周囲を巻き込めていたなら歴史が違っていただろう、ということもあったでしょう。

|

« [読書メモ]楠木建『ストーリーとしての競争戦略』 | トップページ | [読書メモ]中森勇人『心が折れそうなビジネスマンが読む本』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75808/46510346

この記事へのトラックバック一覧です: [読書メモ]林寧彦『歴史を動かしたプレゼン』:

« [読書メモ]楠木建『ストーリーとしての競争戦略』 | トップページ | [読書メモ]中森勇人『心が折れそうなビジネスマンが読む本』 »