将棋の伝来

2009年4月 4日 (土)

「本横」の駒

徳島で、「本横」と記された将棋の駒が発掘されました。

このニュースを知ったのが3月末に徳島で行われた、放送大学の徳島学習センターセのンター卒業式のあとの雑談。自分は在学生として、卒業式のあとの茶話会に参加していたときにこの話を聞きました。

もちろん3月15日の現地説明会は終わっていたのですが、調査を行った徳島県立埋蔵文化財センターに問い合わせて、そのときの資料をもらうことができました。まだ調査中とのことで、報道された内容を越える情報はありませんでしたが、駒の写真など、詳しい資料もいただいています。

埋蔵文化財センターによると、「本横」の駒は、同じ音の「奔王」をあてたものではないか、という仮説。「奔」の文字が「本」+「廾」なので、ほかの読み方ができないかと思ったのですが、写真を見る限り難しいかもしれません。あとは、「横行」などと誤った可能性があるかどうか、あるいは、これまでに知られていなかった将棋があったか、ですね。

13世紀、鎌倉時代の遺跡であるとのことです。仏教関係の出土品もあり、近くに寺院があったと考えられています。将棋に限らず、この時代の遺物が発見されるのは徳島では珍しいとのことで、埋蔵文化財センターでも調査結果に期待を寄せているようでした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

着々と準備中。

学生証に貼る証明写真が、以前撮影したのがあったはずなのに見つからないので取り直してきたら、今日になって出てきて orz しています。

4月から放送大学の大学院生となるので、いろいろと始まってきています。大学院の授業の印刷教材 (教科書のこと) も届きましたし、学生証も着きました (写真は、4月6日の入学式のときに貼ってもらえるそうです) 。当たり前ですが、大学に比べると教材が熱いし文字が細かい。4科目取りましたが、たぶん単位を取るための最低限のことしかできないような気がします。

入学式は徳島であるのですが、その前日の4月5日に、千葉の本部でオリエンテーションがあります。朝10時から昼3時まで、前半が全体の、後半がゼミごとの説明と顔合わせになると思います。どんな人がいるのか、何人くらいいるのか、みんなどれくらいのレベルの研究を進めるのか、わからないことが多くて不安のほうが強いのですが、この感覚は久しぶりに感じるものですね。

研究のために、図書館に行ってきました。徳島でも史料はけっこう集まるもので、「実隆公記」は鳴門教育大学に、「言経卿記」は徳島県立図書館にあります。こういった中世後期の貴族の日記から、将棋に関する記述を調べ、当時の将棋の姿を類推するのが今回の研究テーマです。まだ、増川先生の研究をたどっているような段階ですが、何か新しい発見ができればいいかな、というか何も出なければ大学院でやる意味がないような、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

南海一号

中国からのニュース (チャイナネットの記事レコードチャイナの記事より) で、宋代のものと思われる沈船「南海一号」から、国宝級のものを含む大量の文化財が見つかった、という報道がありました。

来月には船を引き上げ、船と出土品は新しく建築する「海のシルクロード博物館」に収蔵されるということで、全貌が明らかになるのにはしばらく時間がかかるかもしれません。

この記事が気になったのは、船が見つかった場所が広東省沖の「海のシルクロード」の上であり、船は南宋時代のものであるということです。日本の将棋は、平安時代 (南宋よりも1~2世紀前) に伝わったと考えられていますが、中国大陸からなのか、東南アジアからなのかははっきりしていません。

南海一号からの出土品に、将棋の盤駒が残っていれば、将棋の歴史としても大きな発見となります。それがどのような形であるか――チェスのような立像形の駒か、シャンチーのような文字を書いた円板か、盤の大きさはどれだけか、などなど――で、歴史を塗り替える結果になるかもしれません。

今後の調査結果が気になります。遊戯史学会にも報告してくれないものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月30日 (木)

鳥獣人物戯画

この2枚の絵を見てください。

_1_s _3_s
『鳥獣人物戯画』の丙巻に描かれた囲碁と将棋の絵で、左が囲碁、右が将棋を指している場面です。鳥獣人物戯画は、12~13世紀に描かれたとされ、これが事実であれば『二中歴』(将棋のもっとも古い資料がある) から『普通唱導集』(職業ごとの念仏の中に、将棋指しに向けられたものがある) とほぼ同じ時期ということになります。

ウェブに載せるために画像サイズをかなり小さくしましたが、囲碁盤と将棋盤の描き方に、大きな違いがあることがわかると思います。つまり、囲碁盤は脚がある立派なものとして描かれているのに対して、将棋盤は脚どころか、盤の厚みも描かれていません。
これはどういうことかというと、当時は将棋盤がなく、地面に直接線を引いて盤の代わりをしていたのではないか、と推測されます。あるいは、紙のような薄いものを使っていたか。

二中歴の将棋は、大きさが書かれておらず、8マスだったか9マスだったかが議論されていますが、将棋盤が見つかって論争に終止符が打たれる、という可能性は低いように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

日本将棋の祖先は?

日本将棋はどこから来たのか。この素朴な疑問に、まだ答えは出ていません。

有力な説としては、中国大陸からの伝来と、東南アジアからの伝来があります。前者は古くからいわれてきたもので、将棋文化を高めようとする俗説なども含まれています。後者は日本将棋 (「二中歴」の将棋) と、 シャンチー (中国象棋) ・マークルック (タイ将棋) を比較して、タイ将棋との類似点を多く見いだしたことに理由を求めています。

平安時代の終わりには将棋の駒が発掘されていますから、それより前には将棋が伝来していたことになります。その頃の文化は、ほぼすべてが中国・朝鮮より伝来していますから、将棋だけが東南アジア由来のものであったと考えるのは難しいと思われます。

将棋が中国伝来であるとして、今度はシャンチーと日本将棋との相違点がなぜ発生したかを説明する必要があります。私は以下のような仮説を立てています。

9世紀から10世紀 (平安時代前半) にかけて、中国大陸に将棋の原型となるものがあった。それは現在のシャンチーとは異なり、マス目に駒を置く形のものであっただろう。それが日本に伝来し、駒の名称と形が変わって平安将棋となった。
一方中国大陸では、駒を交点に配置するような大きな変化が起こり、その後も実際の戦争の戦略をとりいれたルールの変更 (河と九宮の追加、砲の駒の追加) がなされ、現在のシャンチーとなった。

Photo 左に、中国から日本に伝来した当時の将棋の想像図を入れています。
盤は中国・日本が左右対称の美を重んじていたことから、「将」が中央に来る奇数列とし、9×9マスとしました。
駒はシャンチーと同じ円板型で、1文字が書かれているもの。書かれた文字はシャンチーにあわせて中央から「将・士・象・馬・車」としましたが、チャトランガでの駒の意味からすると「王・将・象・馬・車」かもしれません。

ここまでは想像ですが、裏付ける資料になりうるものとして、9世紀に牛僧孺によって著されたとされる「玄怪録」という怪奇小説があります。ここの将棋の描写とされるものが、この想像図に近いものとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)